乳癌術後(ホルモン剤治療中)で障害基礎年金2級が決定 | かなみ事務所 障害年金請求サポートの事例(川西,池田,伊丹,宝塚,豊中)

| 大阪府吹田市A様

乳癌の治療で抗がん剤治療と手術を行った。

病理検査によりリンパに転移していたことが分かったために放射線治療を行った。

術後は定期的に通院してホルモン剤治療を続けていた。

しかしホルモン剤治療の効果なく、多発性の子宮筋腫となっていたため子宮と卵巣の全摘手術を受けることになった。
術後から体全体の倦怠感、疲労感、頭痛やめまいが頻繁におこるようになったために障害年金の請求(申請)となった。(障害基礎年金2級)

投稿者プロフィール

松田康
松田康社会保険労務士 (障害年金専門家)
かなみ社会保険労務士事務所
社会保険労務士 27090237号
年金アドバイザー
NPO法人 障害年金支援ネットワーク理事

このページTOPへ