障害年金の請求手続き カテゴリーの記事一覧

記事数:10件

障害年金の請求(申請)手続きの進め方(2019年06月29日)

障害年金の請求(申請)手続きの進め方は各人によっては異なります。 ここでは、障害年金の請求(申請)の進め方で一般的な方法を解説します。

障害年金を受給するための条件(2019年06月20日)

障害年金を受給するためには、初診日要件、保険料納付要件、障害状態該当要件の3つを満たしている必要があります。 ここでは、障害年金を受給するための3つの要件について解説します。

障害年金の請求(申請)で必要な書類(2019年10月08日)

障害年金を請求(申請)する際に必要な書類です。 障害年金を請求(申請)する方の状況によって、必要な書類は変わってきますのでご注意ください。

障害年金の対象となる傷病(病名)一覧と等級の認定基準(2017年01月05日)

障害年金は、傷病により日常生活や労働に著しい制限がある場合に支給される制度で、障害者手帳よりも対象となる傷病の範囲は広くなります。 ここでは、障害年金の請求(申請)で比較的多くある傷病名をご紹介いたします。

病歴・就労状況等申立書の記入方法について解説します(2017年01月05日)

障害年金の請求(申請)において病歴・就労状況等申立書は非常に重要な書類となります。 ここでは「病歴・就労状況等申立書」の記入方法について解説いたします。

障害年金の請求(申請)と社会保険労務士(2017年01月05日)

障害年金の請求(申請)を社会保険労務士に依頼することで、ご依頼者様は労力・時間・精神的負担を激減できます。ポイントを押さえた着実な手続きは、その状況での最良の結果をもたらします。ここでは、障害年金の請求(申請)と社会保険 … 続きを読む

身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳と障害年金(2017年01月12日)

身体障害者手帳や療育手帳、精神障害者保健福祉手帳と障害年金は別の制度で、対象となる傷病も制度間で異なっています。 ここでは、各種障害者手帳と障害年金の関係を解説いたします。

障害年金「精神の障害」と「就労」の関係(2019年10月09日)

うつ病や双極性障害、統合失調症など精神の障害で障害年金を請求(申請)する方から「働いていると障害年金はもらえないですよね?」とよく質問を受けます。ここでは、精神の障害の障害年金と就労の関係について解説いたします。

障害年金「広汎性発達障害(ADHD・ASD)」と「就労」の関係(2019年10月12日)

広汎性発達障害(ADHD・ASD)で障害年金を請求(申請)する方から「働いていると障害年金はもらえないですよね?」とよく質問を受けます。ここでは、広汎性発達障害(ADHD・ASD)の障害年金と就労の関係について解説いたし … 続きを読む

知的障害や発達障害と他の精神疾患が併存している場合(2017年10月08日)

知的障害や発達障害と他の精神疾患が併存しているケースは多くあります。ここでは、精神疾患が併存している場合に、障害年金の制度ではどのように扱われているのかを解説いたします。

このページTOPへ