障害年金の基礎知識(一覧)

障害年金に強い社会保険労務士として、みなさまのお役に立てるような情報を発信していきます。

記事一覧

障害年金を受給するための条件

障害年金を受給するためには、初診日要件、保険料納付要件、障害状態該当要件の3つを満たしている必要があります。ここでは、障害年金を受給するための3つの要件について解説します。

障害年金の請求手続きの方法

各人によって障害年金の請求(申請)手続きの進め方は異なります。
ここでは、障害年金の請求(申請)の進め方で一般的な方法を解説します。

障害年金の請求で必要な書類

障害年金を請求する際に必要な書類です。
請求する方の状況によって、必要な書類は変わってきますのでご注意ください。

障害手当金とは

障害手当金は、初診日に厚生年金の被保険者の場合に支給されます。
障害手当金の基本的事項と注意点を解説します。

令和2年度(2020年度)障害年金の年金額 (支給額例付きの解説)
障害年金の対象となる傷病(病名)一覧と等級の認定基準

対象となる傷病、かつ障害等級に該当する場合、障害年金を受給できる可能性があります。ご自身が該当するか照らし合わせてみてください。

障害年金の請求方法と適用される時期

障害年金の請求方法や適用される時期について解説します。請求方法は3パターンあり、請求する時期でどのパターンになるかが自動的に決まります。

病歴・就労状況等申立書の記入方法

障害年金の請求において病歴・就労状況等申立書は非常に重要な書類となります。
ここでは「病歴・就労状況等申立書」の記入方法について解説いたします。

20歳以降に初診日がある場合の第三者からの申立書 (第三者証明)について

20歳以降に初診日がある場合で、初診日に受診した医療機関による初診日の証明が得られない場合の第三者証明の取扱いについて解説いたします。

20歳前に初診日がある場合の第三者からの申立書 (第三者証明)について

20歳前に初診日がある場合で、初診日に受診した医療機関による初診日の証明が得られない場合の第三者証明の取扱いについて解説いたします。

初診日が一定の期間内にあると確認された場合の初診日確認の取扱いについて

初診日に受診した医療機関による初診日の証明が得られない場合で、初診日が一定の期間内にあると確認された場合の初診日確認の取扱いについて解説します。

障害年金の請求と社会保険労務士

障害年金請求を社会保険労務士に依頼することで、ご依頼者様は労力・時間・精神的負担を激減できます。ポイントを押さえた着実な手続きは、その状況での最良の結果をもたらします。

身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳と障害年金

障害を持つ方に交付される「身体障害者手帳」「療育手帳」「精神障害者保健福祉手帳」と障害年金の関係について解説いたします。

障害年金で「うつ病などの精神の障害」と「就労」の関係

うつ病などの精神の病気と就労について相談を受けることが多くあります。
ここでは、うつ病などの精神の障害の方が就労中に障害年金を請求する場合について解説します。

障害年金「広汎性発達障害」と「就労」の関係

広汎性発達障害と就労について相談を受けることが多くあります。
ここでは、広汎性発達障害の方が就労中に障害年金を請求する場合について解説します。

知的障害や発達障害と他の精神疾患が併存している場合

知的障害や発達障害と他の精神疾患が併存しているケースが多くあります。ここでは、このような場合に障害年金の制度でどのように扱われるのかを解説いたします。

障害年金の支給が停止された場合の対応方法

障害年金の受給を継続するために必要な「障害状態確認届」を提出した結果、障害年金が支給停止されてしまった場合の対応方法を解説いたします。

保有個人情報開示請求の方法

障害年金の請求で「却下」や「不支給」となった場合や、決定された等級に納得がいかない場合は審査請求または再請求を行うことになりますが、請求時に提出した書類がどのように審査されたのかを知るにはどのようにすれば良いのでしょうか?ここでは、厚生労働省へ個人情報の開示請求をする方法を解説いたします。

審査請求の流れと注意点

障害年金請求の結果に納得がいかない場合、不服申し立て(審査請求・再審査請求)をすることができます。
ここでは、審査請求の流れと注意点を解説いたします。

再審査請求の流れと注意点

審査請求を行ったものの「棄却」決定されてしまった場合には、再審査請求をすることができます。
ここでは、再審査請求の流れと注意点を解説いたします。

このページTOPへ


このページTOPへ