事例紹介 (新着順)

当事務所が担当させていただいた案件の事例の一部をご紹介します。
記事数:119件

ステロイド緑内障で障害基礎年金2級が決定(西宮市A様)

2019年09月25日 | 兵庫県西宮市A様
眼・耳・鼻・口の障害, 眼 (目)・鼻の障害

複数の社会保険労務士事務所に相談したが「請求は無理」と断られていた方だった。
アトピー性皮膚炎でステロイド軟膏による治療を続けていた。23歳時に目が充血し、痛みやかすみも生じるようになったため、眼科を受診したところ緑内障であると診断された。以降、何度も両眼の緑内障の手術を続けていた。
相談時には生命保険を請求した際の診断書を取得されていた。眼科を受診した日を基準にすると保険料納付要件を満たしていなかった。他の社会保険労務士にも相談されていたが「障害年金は請求できない」と断られていた。弊所が診断書を確認してみると「ステロイドに起因する緑内障」であるとの記載があった。ステロイド軟膏により高眼圧となり緑内障となった経緯ならば、アトピー性皮膚炎で治療を受けていた「20歳前傷病」で障害年金を請求できるのではと考えた。問題は、診断書ではアトピー性皮膚炎の治療をしていた時期が明確ではなかったこと、また、ステロイドと緑内障の因果関係を証明できるのかであった。
請求では、ステロイド緑内障の医学書を抜粋し、ステロイドが原因と記載されている診断書を複数枚添付した。
初診日については、20歳前の「年度」まで特定できたことによって「第三者証明」に頼ることなく請求することができた。請求書類は膨大な量になったが、それを分かりやすくするために詳細な申立書を準備した。初診日の証明、ステロイドと緑内障の因果関係など、非常に難易度の高い案件だった。(障害基礎年金2級)

お客様の声

当事務所にご依頼いただくまでにどのような ことで悩んでおられましたか?

  • 初診日証明の取得
  • 病歴・就労状況等申立書の記入
  • 年金納入に関して

実際にご依頼されていかがでしたか?

先生と話がしやすく相談できました。可能性が低いものを受給できて非常にありがたかったです。

このページTOPへ

高次脳機能障害で障害厚生年金2級が決定(川西市B様)

2019年09月25日 | 兵庫県川西市B様
精神の障害, 高次脳機能障害

平成7年頃、頭痛が続いていたため病院を受診したところ、脳梗塞の可能性があると言われ経過観察されることになった。数年後にてんかん発作がおこったため、精密検査を受けると脳腫瘍の存在が認められたが、摘出困難な箇所であったために手術することができなかった。平成29年脳梗塞により救急搬送された。肢体の麻痺は軽度であったものの、中程度の高度機能障害が残った。
平成29年の脳梗塞により高次機能障害となったと考えた。このことを医師に確認してみると「脳梗塞自体は軽度だったため、原因とは考えにくい。脳腫瘍が原因となっていると考えている」との話があった。このため、平成7年の頭痛で受診した日を初診日とする必要があった。20年以上前のカルテは残っていなかったが、脳腫瘍が分かった病院でカルテ開示請求を行い初診日を特定することができた。また、当初「脳腫瘍が原因」と診断書に記載がなかったため、追記依頼をして障害年金を請求した。(障害厚生年金2級)

お客様の声

当事務所にご依頼いただくまでにどのような ことで悩んでおられましたか?

  • 障害年金の請求方法
  • 初診日証明の取得
  • 病歴・就労状況等申立書の記入
  • 自分で請求しようと思ったができなかった

なぜ当事務所にご相談をいただけたのでしょうか?

  • ホームページの障害年金ブログを見て
  • 信頼できそうだから
  • 障害年金の経験が豊富そうだから

実際にご依頼されていかがでしたか?

最初に他の社会保険労務士さんに相談しましたが、この案件では障害年金の請求は無理と言われて困っておりました。

自身で年金事務所から用紙をもらい作成しようと思いましたが、何を書いて良いのか分からず、もう一度社会保険労務士さんに頼んでみようと思い、ホームページからかなみ社会保険労務士さんを見つけ依頼しました。

初めて会った先生の印象がとても良かったです。分かりやすくやさしいお話で会話して頂きました。そして頼もしくも感じました。お陰様で障害年金を受給でき本当に有難く思っています。ありがとうございました。

このページTOPへ

うつ病で障害基礎年金2級が決定(川西市K様)

2019年09月21日 | 兵庫県川西市K様
精神の障害, うつ病

些細なことで友人と喧嘩をした。友人と喧嘩はよくしていたが、この時は何かが心の中でプツンと切れたように感じた。この日以降一睡もできない日が続き、無気力感、不安感などで体調は酷い状態となった。
請求時は単身生活をされていた。単身生活は自ら望んだものではなかったが、単身生活=日常生活が可能と見なされる恐れがあったため、単身生活となった理由を詳細に説明した。初診日の考え方について難しい点はあったが、障害認定日の診断書も取得できた。(障害基礎年金2級+5年遡及)

このページTOPへ

乳がん(抗がん剤治療中)で障害基礎年金2級が決定(茨木市A様)

2019年09月12日 | 大阪府茨木市A様
内蔵疾患, がん

自覚症状があり受診したところ乳がんと診断される。術後は抗がん剤治療とホルモン治療を続けていた。抗がん剤治療とホルモン治療によって体全体が非常に怠く、病院から帰宅した後は、横になったまま動くことができないほどの状態となっていた。
医師は「がん」治療中に障害年金を受給できることを知らず、障害年金用の診断書を記入したことがないということだった。そのため、診断書に記載してほしい項目や自覚症状などを伝えるなど、診断書作成のサポートをさせていただいた。(障害基礎年金2級)

このページTOPへ

自閉症スペクトラム障害で障害基礎年金2級が決定(茨木市A様)

2019年08月30日 | 大阪府茨木市A様
精神の障害, 発達障害

小学生の頃から冗談が理解できずにいじめにあっていた。些細なきっかけで興奮し、ガラスを割る等の衝動行為や自傷行為などもあった。学生時代もまわりに馴染めず、就職しても長くは続かなかった。発達検査をしたところ自閉症スペクトラム障害(広汎性発達障害)と診断された。(障害基礎年金2級)

このページTOPへ

うつ病(線維筋痛症による慢性疲労状態)で障害基礎年金2級が決定(池田市A様)

2019年08月12日 | 大阪府池田市A様
精神の障害, うつ病, 肢体の障害, 線維筋痛症

20歳の頃から全身の骨格筋系の痛みや、うつ症状、不眠、胃腸症状などの身体症状(線維筋痛症)が現れるようになった。様々な治療を続けるが症状は慢性化し、体全体に火傷のような痛みを感じ、そこから生じる疲労感、不眠、倦怠感などのうつ症状が続いていた。
40歳の頃、日常生活上のトラブルがあり、それによるストレスが加わることによって、うつ症状が悪化し、心療内科を受診した。
外出困難なほど線維筋痛症の症状は悪化しており、線維筋痛症の治療はできていなかった。このため、障害年金の請求傷病は「うつ病」で行うことにした。問題は初診日が20歳時か40歳時のどちらになるかだった。
当初、20歳時を初診日として請求したが、審査途中で40歳時を初診日とするようにと指示があった。20歳頃から続く「うつ症状」は線維筋痛症に随伴するものと判断され、心療内科を受診した日を初診日とされたことになる。(障害基礎年金2級)

このページTOPへ

統合失調症で障害基礎年金2級が決定(三田市A様)

2019年07月23日 | 兵庫県三田市A様
精神の障害, 統合失調症

職場で同僚からのパワハラが続いていた。プライベートでも仕事の事を考えなければならない日々が続き、精神的に限界となって休職することになった。労災請求するも棄却されたため、障害年金の請求となった。
診断書を取得すると、障害の程度は「2級または3級」程度となっていた。請求時には、休職を証明するための資料として給与明細を添付し、障害福祉サービスを利用していることから受給者証も添付した。(障害基礎年金2級)

このページTOPへ

広汎性発達障害(就労中)で障害厚生年金3級が決定(宝塚市B様)

2019年07月18日 | 兵庫県宝塚市B様
精神の障害, 発達障害

幼少期から対人交流ができなかった。大学卒業後、就職の面接さえ行くことができず、就職することができなかった。市役所で相談すると発達検査を受けるように勧められ、療育手帳が発行された。
障害者枠(厚生年金加入)として就職後、病院を受診(初診)してカウンセリングを受けるようになった。
療育手帳発行時(発達検査受検時)は国民年金の被保険者であり、病院を受診した時は厚生年金の被保険者であり、障害年金の初診日はどちらの日になるか思案した。
請求人は請求時も障害者枠で厚生年金に加入し、単身生活であったため、障害基礎年金として請求すると2級程度(年金額約78万円)、厚生年金として請求すると3級(約58万円)にされる可能性があった。また、障害基礎年金で認められた場合でも、更新時に常に支給停止される恐れがあると思われた。
年金事務所では「発達検査を受検した日を初診日となるであろう」と言われていた。しかし、障害年金の初診日は、「原則として初めて治療目的で医療機関を受診した日とし、健康診断を受けた日(健診日)は初診日として取り扱わないことにする。」とされていることを根拠に障害厚生年金として請求を行った。(障害厚生年金3級)
年金額は障害厚生年金の方が低額だったが、安定した就労を行うことで支給停止の可能性がある障害基礎年金よりも、「給与」+「障害厚生年金3級」で生活を行っていった方が良いのではということで障害厚生年金での請求を行うことにした。

お客様の声

当事務所にご依頼いただくまでにどのような ことで悩んでおられましたか?

  • 障害年金の請求方法
  • 初診日証明の取得
  • 病歴・就労状況等申立書の記入
  • 障害年金の受給対象か分からない

なぜ当事務所にご相談をいただけたのでしょうか?

  • 無料相談をしてくれるから
  • 出張相談をしてくれるから
  • 信頼できそうだから
  • 障害年金の経験が豊富そうだから

実際にご依頼されていかがでしたか?

ネットで大きく宣伝されている社労士事務所に相談しましたが、この事案では無理でしょうと一言。諦めかけていた所かなみ事務所さんのHPをみつけ又断られると思いながら相談させていただきました。松田先生はわかりやすくやさしくていねいに親身になって話を聞いて下さり大丈夫ですよと言っていただき、本当に涙が出る思いでした。病院にも同行していただき適格にアドバイスいただき本当に感謝しております。有り難うございました。

このページTOPへ

注意欠陥多動性障害・妄想性障害で障害基礎年金2級が決定(川西市B様)

2019年07月06日 | 兵庫県川西市B様
精神の障害, 発達障害, 統合失調症

幼児期から多動症状が酷く、幼稚園の園内を走り回り、友達とトラブルになることが多かった。小学校への入学時に療育的援助が必要だとされ、定期的に病院を受診するようになった。多動症状は成長とともに減少したが、大学進学後、被害妄想、幻聴、独話が見られるようになり、日常生活に支障を受けるようになった。(障害基礎年金2級)

このページTOPへ

末期腎不全(人工透析)で障害厚生年金2級が決定(大阪市A様)

2019年06月27日 | 大阪府大阪市A様
内蔵疾患, 糖尿病、慢性腎不全、人工透析

糖尿病が原因で末期腎不全(人工透析)となった方だった。他の社会保険労務士が請求を試みたものの初診日証明が取得できずに請求を断念。人工透析療法を初めてから1年近く経っていた。
糖尿病の初診日が約20年前だったことから初診日を証明することが困難だと思ったが、病初期に入院していた病院の診療録が存在していることを確認し、診療録の開示請求を行った。診療録によって初診日の「年」まで特定できたため、初診日とされる一定期間を申し立てることによって初診日が認められた。このようなケースは本人請求または障害年金の請求に不慣れな社労士では困難だと思った案件(障害厚生年金2級)

お客様の声

当事務所にご依頼いただくまでにどのような ことで悩んでおられましたか?

  • 初診日証明の取得
  • 病歴・就労状況等申立書の記入

なぜ当事務所にご相談をいただけたのでしょうか?

  • 出張相談をしてくれるから
  • ホームページの障害年金ブログを見て
  • 信頼できそうだから
  • 障害年金の経験が豊富そうだから

実際にご依頼されていかがでしたか?

知識が豊富でとても分かりやすく手続きを説明してくださったので安心して依頼することができました。初診日証明のために遠方の病院にまで行ってくださる行動力にもおどろきました。無事に受給できるようになったのも初診日を確認に遠方まで足を運んでくださったおかげです。

このページTOPへ