難病 カテゴリーの記事一覧

当事務所が担当させていただいた案件の事例の一部をご紹介します。

成年後見人制度を利用 日常生活は見守りが必要で3級?(単純ヘルペス脳炎)

2020年08月09日 | 大阪府豊中市A様
難病 審査請求・再審査請求

単純ヘルペス脳炎の後遺症により左前頭側頭葉に障害が残り、重度の短期記憶障害や言語障害などの高次脳機能障害が残った方だった。請求時には、成年後見人制度を利用しており、日常生活では常時両親の見守りが必要となっていた。 しかし … 続きを読む

複数の診療録により初診日証明 筋緊張性ジストロフィー

2020年06月19日 | 兵庫県川西市
難病

昭和62年頃、握った手が開きにくいと感じるようになった。 平成2年頃になると、手は握れるのに、握った手が開かないようになったため、体調に異変を感じて病院を受診したところ、筋緊張性ジストロフィーとの診断を受けた。 経過観察 … 続きを読む

初診日が40年前 別疾患で受診した病院の診療録で初診日証明 平山病(若年性一側上肢筋萎縮症)

2020年06月06日 | 大阪府大阪市
難病

高校2年生時、右手の人差し指が曲がらなくなり、握力が低下しているように感じた。 当時バンドを組んでいたが、ギターの弦がうまく指で押さえられなず、力を入れようとしても力が入らないようになっていた。 病院を受診し、レントゲン … 続きを読む

有機水銀中毒症(水俣病の疑い)で障害厚生年金2級が決定

2020年01月03日 | 大阪府大阪市
難病

子供の頃から頭痛があり、手指が震えることがあったが、それが病気であるとは思わず、他の子ども達も同じだと思っていた。 就職した後から頻回に頭痛や倦怠感が生じるようになった。初めての就職だったことや、今までとは違った環境だっ … 続きを読む

脊髄小脳変性症(痙性対麻痺)は肢体障害? 審査請求で容認決定

2019年12月30日 | 兵庫県伊丹市A様
難病 審査請求・再審査請求

脊髄小脳変性症(痙性対麻痺)で障害基礎年金を請求した。請求人の障害の程度は1級相当だったが、障害の程度は2級と決定されていた。請求時には「体幹機能の障害」であると申し立てたものの「肢体」の障害であるとして2級となっていた … 続きを読む

単純ヘルペス脳炎(高次脳機能障害)で障害厚生年金3級が決定

2019年11月01日 | 大阪府豊中市A様
精神の障害 高次脳機能障害 難病

幻視や幻聴、異常行動があったため、救急搬送された。原因はヘルペス脳炎のためだと分かり、非常に重篤な状態だと言われた。抗ウィルス薬による治療が行われていたが、脳波の異常により症候性てんかんもおこるようになった。ヘルペス脳炎 … 続きを読む

慢性疲労症候群(線維筋痛症)で障害基礎年金2級が決定(吹田市A様)

2019年01月04日 | 大阪府吹田市A様
精神の障害 肢体の障害 線維筋痛症 難病

全身の倦怠感や疲労感が慢性的に続いていた。次第に肘や肩、指などの関節に原因不明の痛みを感じるようになった。痛みによってさらに疲労感や倦怠感が増し、徐々に意欲が低下するようになっていた。医師から線維筋痛症に合併した慢性疲労 … 続きを読む

脊髄小脳変性症(痙性対麻痺)で障害基礎年金2級が決定(伊丹市A様)

2018年08月23日 | 兵庫県伊丹市A様
肢体の障害 その他の肢体の障害 難病

歩行時うまく足が前に出なくなっているような違和感があった。疲労のためだろうとしばらく放置していたが、突然足がぐらついて転倒してしまった。当初複数の医療機関を受診するも原因は不明。大学病院での精密検査により脊髄小脳変性症( … 続きを読む

複合性局所疼痛症候群(CRPS)疼痛で障害厚生年金3級が決定(伊丹市A様)

2017年11月30日 | 兵庫県伊丹市A様
難病

仕事中の事故で右足甲を負傷。足趾の粉砕が特に強く、観血的整復固定術は不可能と判断され、第2足趾MTP関節を切断するに至った。手術後から、右足全体が腫れあがり、靴が脱げないほどの浮腫みが生じるようになった。このため、切断箇 … 続きを読む

人工関節で障害厚生年金3級が決定(川西市A様)

2017年03月22日 | 兵庫県川西市A様
肢体の障害 人工関節 難病

白血病の治療のためにステロイド剤治療を行った。白血病は完治したがステロイド剤の大量投与のために股関節が壊死したことにより人工関節手術となった。 初診日が白血病の治療となるか、骨頭壊死が分かった整形外科での受診となるか判断 … 続きを読む

多発性硬化症(両視神経萎縮)で障害厚生年金3級が決定(伊丹市A様)

2016年08月18日 | 兵庫県伊丹市A様
眼・耳・鼻・口の障害 眼 (目)・鼻の障害 難病

多発性硬化症により視神経が障害され、左眼視力の低下(0.1以下)と視野に障害が生じた。一眼の視力が0.1以下に減じた場合、初診日から5年以内に症状が固定されていれば障害手当金となり、症状が固定されていないなら障害厚生年金 … 続きを読む

クローン病(人工肛門)で障害基礎年金2級が決定(川西市A様)

2016年06月18日 | 兵庫県川西市A様
内蔵疾患 人工肛門・人工膀胱 難病

初診日の考え方に間違いのある典型的な案件だった。20年以上前にご自分で請求を試みたものの、保険料納付要件を満たさず請求できなかった。病歴をヒアリングをしてみると、生後7ヵ月に大腸の異変で救急搬送され、その時から通院が始ま … 続きを読む