筋ジストロフィーの疑いと言われた日か確定診断の日か… 障害年金の初診日は? | かなみ事務所 障害年金請求サポートの事例(川西,池田,伊丹,宝塚,豊中)

| 兵庫県伊丹市

平成10年頃からつま先立ちができず、ハイヒールで歩行はできなかった。日常生活には支障がなかったため病院を受診することはなかった。平成15年頃、親族が筋強直性ジストロフィーと診断され、不安になって検査を受けたところ、筋ジストロフィーの疑いがあると指摘された。この時点でも手足等に特に不自由はなかったので定期的に病院を受診することはなかった。平成20年、歩行時に体がふらつくようになったために病院を受診。筋ジストロフィーとの診断を受け、定期的に通院して経過観察を受けることになった。

平成26年、風邪症状が長引き、誤嚥性肺炎となっていることがわかった。人工呼吸器管理の後に気管切開手術を受け、嚥下機能も低下していたため胃ろうを造設。退院後は大きな合併症もなく、介助にて移動は可能で、排泄もトイレやポータブルトイレにて自力排泄、1日3回胃ろうより注入食の投与を受けていた。その後、筋ジストロフィーの症状は悪化し、障害年金の請求時は、自力での歩行は不能となっていおり、上肢でのあらゆる日常生活の動作もできず、常時介助や介護を必要としていた。

 

初診日として考えられるのは、平成15年の筋ジストロフィーの疑いがあると指摘された日か、平成20年の筋ジストロフィーとの診断を受けて定期的に通院が始まった日のどちらかが考えられた。
平成15年も平成20年も国民年金の被保険者であり、保険料納付要件に問題はなかった。どちらをとっても年金額は同じであるため、次は遡及請求が可能か考えることになった。どちらの初診日も障害認定日時点では障害の状態ではないと考えられ、事後重症請求に切り替えることにし、初診日証明の取得を行なうことになった。平成15年と平成20年に受診した病院はカルテが廃棄されており、平成26年に風邪症状が長引いて受診した病院で受診状況等証明書が取得できた。受診状況等証明書には、「平成15年に筋ジストロフィーの疑いがあると指摘された」との記載があった。障害年金の請求時より5年以上前に医療機関が作成した資料(カルテ等)に、請求者が申立てた初診日が記載されていたことから、平成15年を初診日として障害年金を請求した。(障害基礎年金1級)

このページTOPへ