紹介状に記載された内容によって30年前の初診日を特定(関節リウマチ・強皮症) | かなみ事務所 障害年金請求サポートの事例(川西,池田,伊丹,宝塚,豊中)

| 兵庫県伊丹市

二人の子どもを流産していた。妊娠前に抗核抗体をしたところ、全身性エリテマトーデスの病態の疑いがあるとされた。第一子を出産後、両膝と頸椎に痛みが出てきたため、母子保健医療センターに定期的に通院してステロイド治療を受けていた。関節痛の痛みは一旦は軽減したが、数年後に再び関節に痛みが生じるようになったため、専門の医療機関に転院して検査を受けたところ、分類は不明ながらも膠原病であるとされた、同検査で軽度間質性肺炎像も確認され、強皮症プラス関節リウマチのスペクトラムであると診断された。以降、定期的に通院してステロイド治療と鎮痛剤の処方を受けるようになった。約10年後、左前足部に強い痛みと変形が見られ、骨切り手術を受けた。この時に、慢性関節リウマチ 両足関節の著しい機能障害として、身体障害者手帳が交付されている。請求時は、両手指と手関節、両足に変形があり、両手の握力はほとんどなくなり、両手首の痛み、指先のぐらつきにより、日常生活上のさまざまな動作が不自由になっていた。

初診日は30年前であり、初診日(時期)の特定が困難な案件だった。初診の医療機関である母子保健医療センターの診療録は廃棄されており、転院先の病院で受診状況等証明書と紹介状を取得できた。紹介状には母子保健医療センターの初診日は記載されていなかったため、受診状況等証明書と紹介状に記載された内容で初診日を推測することになった。

紹介状には、「平成2年8月 妊娠時に流産予防のためにステロイド開始(抗核抗体陽性、習慣性流産ため、準SLE病態と診断された)」との文言があり、平成2年8月が初診時期であるとわかった。平成2年8月は国民年金被保険者期間であり、保険料納付要件も満たしていたことから障害基礎年金として障害年金を請求した。(障害基礎年金2級)

投稿者プロフィール

松田康
松田康社会保険労務士 (障害年金専門家)
かなみ社会保険労務士事務所
社会保険労務士 27090237号
年金アドバイザー
NPO法人 障害年金支援ネットワーク理事

このページTOPへ