人工肛門・人工膀胱 カテゴリーの記事一覧

当事務所が担当させていただいた案件の事例の一部をご紹介します。
記事数:8件

膀胱癌(人工肛門)で障害厚生年金3級が決定(篠山市A様)

2016年12月22日 | 兵庫県篠山市A様
内蔵疾患, がん, 人工肛門・人工膀胱

排尿痛、残尿感があり、定期的に病院を受診していた。数年後血尿が出たために病院を受診。検査をすると膀胱癌になっていることが分かり、膀胱を全摘出し人工肛門の手術を行なった。
ご依頼者様が記録を詳細に残しておられたため、最初に排尿痛で受診した日を初診日として申し立てた。病歴・就労状況等申立書でも排尿痛で受診した日を正確に記載、膀胱癌と診断された経緯も記載していった。
審査の過程では、最終的に膀胱癌と分かった日を初診日とすると連絡がきたため、初診日の訂正を行わなければならなかった。初診日の特定について考えさせられた案件だった。(障害厚生年金3級)

お客様の声

膀胱癌(人工肛門)の障害年金請求を代行させていただいたご依頼者様の声

当事務所にご依頼いただくまでにどのような ことで悩んでおられましたか?

  • 障害年金を受給できるかどうか
  • 自分では障害年金の請求が難しいから

なぜ当事務所にご相談をいただけたのでしょうか?

  • ホームページの障害年金ブログを見て

実際にご依頼されていかがでしたか?

バイクでの行動でフットワークも軽く、ムダな話もなく、迅速なお仕事で請求して下さいました。とてもまじめで安心しておまかせできるので、また何かあればお願いしたいと思っております。お世話になりありがとうございました。

このページTOPへ

胃癌・直腸癌(人工肛門)で障害厚生年金2級が決定(宝塚市A様)

2016年09月27日 | 兵庫県宝塚市A様
内蔵疾患, がん, 人工肛門・人工膀胱

食欲不振など、体調に異変を感じたため病院を受診した。胃カメラ等の検査を行ったものの異常は発見されず通院を中断した。体調は一向に戻らず数年後に再度別の病院を受診したところ胃に癌が見つかり、その時には直腸にも転移しており、人工肛門を造設する手術となった。
人工肛門造設は認定基準では3級程度とされているため、このまま請求すると障害厚生年金3級として認定されることになっている。しかし、請求者は、請求時点でも抗がん剤治療を続けていたため、癌の治療の効果による日常生活の支障を詳細に申し立てた。このことが審査側に伝わったことにより障害厚生年金2級の決定となった。
(障害厚生年金2級)

このページTOPへ

クローン病(人工肛門)で障害基礎年金2級が決定(川西市A様)

2016年06月18日 | 兵庫県川西市A様
内蔵疾患, 人工肛門・人工膀胱, 難病

初診日の考え方に間違いのある典型的な案件だった。20年以上前にご自分で請求を試みたものの、保険料納付要件を満たさず請求できなかった。病歴をヒアリングをしてみると、生後7ヵ月に大腸の異変で救急搬送され、その時から通院が始まっていた。「保険料納付要件を満たしていなかった」というのは、クローン病と診断された日を基準にした場合だった。
障害年金の初診日はこの生後7ヵ月になると判断し、まずは、初診の頃のカルテ開示を行なった。カルテの開示に多くの時間を費やしたが、初診が20歳前にあることを確認でき、保険料納付要件を問われず請求することができた。次に障害の程度である。クローン病で人工肛門となっているのだが、人工肛門では原則3級程度である。しかし、クローン病によっても、日常生活に大きく支障が出ているので、2級相当にはなるだろうと見込んでいた。診断書では「日常生活に軽度の支障を受けている」と記載されていたものの、病歴・就労状況等申立書の内容が認められ2級に決定された。(障害基礎年金2級)

このページTOPへ

人工肛門・尿路変更術で障害厚生年金2級が決定(箕面市A様)

2014年09月30日 | 大阪府箕面市A様 
内蔵疾患, 人工肛門・人工膀胱

年金事務所で説明を受けたが、手続きが難しく感じたということで当事務所を利用された。確かに、複数の障害を持っていることで説明が難しくなったのだろうと感じた。お話を聞いていくうちに、人工肛門から尿路変更術に至るには一連の経緯があり、難しいものではなかった。本人請求を勧めてみたが、弊所に依頼したいということだったので、請求をサポートさせていただいた。請求では、障害認定日に遡っての請求が可能であったため、遡及請求を目指した。年金事務所では遡及請求のことは説明されていなかったため、遡っての受給が認められたことで大変喜んでいただいた。(障害厚生年金2級+1年遡及)

お客様の声

当事務所にご依頼いただくまでにどのような ことで悩んでおられましたか?

年金事務所に相談に行ったけれど、窓口の職員の言っている内容が難しくて分からなかった。手続きをどうしたらいいのか分からなかった。

なぜ当事務所にご相談をいただけたのでしょうか?

郵便局の窓口で働いていたということで親しみやすさを感じたから。

実際にご依頼されていかがでしたか?

何でも気軽に聞けるというのが良かった。それに最初に気になっていた料金のことも分かりやすく説明してくれたので安心感を与えてもらえました。 私が何もしなくても次々に動いてくれ、その都度、状況を教えてくれるのですごく助かりました。本当にありがとうございました。

 

このページTOPへ