糖尿病、慢性腎不全、人工透析 カテゴリーの記事一覧

当事務所が担当させていただいた案件の事例の一部をご紹介します。
記事数:23件

糖尿病の方の障害年金をサポート

2018年09月27日 | 兵庫県宝塚市H様
内蔵疾患, 糖尿病、慢性腎不全、人工透析

約25年前に発熱や口渇、めまいなどの症状が続いていた。病院を受診したところ一型糖尿病であることが分かった。以降定期的に通院してインスリン治療を継続していた。認定日頃から障害年金の受給対象と思われたのだが、診療録が廃棄されていたため事後重症とならざるを得なかった。
初診の医療機関の診療録は廃棄されていたため、転院先の病院の診療録を開示し、初診日を参考資料によって固めて請求を行った。診断書の方では病院側が診断書の作成に慣れておらず何度も修正を依頼しなければならなかった。本人請求では却下または不支給になっていた可能性があると思った案件(障害厚生年金3級)

このページTOPへ

慢性腎不全(人工透析)の方の障害年金をサポート

2017年08月17日 | 兵庫県川西市S様
内蔵疾患, 糖尿病、慢性腎不全、人工透析

ご自分で障害年金を請求しようと試みたものの途中で断念されていた。
病歴を調査していくと、初診日は約40年前に腎炎で入院していた10代の頃に遡ることが分かった。
腎炎が初診で慢性腎不全になったの方は初診日が相当過去になることが多く、この方の場合もそうであった。
初診証明を取得するため、10代に通院したという医療機関から当たっていくものの、診療録が残っているはずもなく、2番目、3番目の医療機関へと順番に調査していった。
ようやく初診証明を取得できたのは、30年前に受診した4番目の医療機関の大学病院であった。
そこで診療録の開示請求を試みたところ10代の頃の様子が記載されていた。初診証明とともに初診日を補足する資料として診療録を添付して請求した。
本人請求では初診日不明として却下されていたような案件であった。(障害基礎年金2級)

お客様の声

当事務所にご依頼いただくまでにどのような ことで悩んでおられましたか?

  • 初診日証明の取得
  • 自分では障害年金の請求ができないから
  • 請求に必要な書類等が煩雑繁雑の為

なぜ当事務所にご相談をいただけたのでしょうか?

  • 近くの社労士だから

実際にご依頼されていかがでしたか?

親切丁寧にして頂き、肩の荷がおり助かりました。

このページTOPへ

慢性腎不全の方の障害年金をサポート

2017年06月28日 | 兵庫県川西市S様
内蔵疾患, 糖尿病、慢性腎不全、人工透析

6年前に慢性腎不全のために人工透析療法を開始していた。
その頃、障害年金の請求をするために年金事務所へ相談に行った。
初診日をヒアリングされた際に、受診はしていないが指摘はされていたという話をした。
そのことが相談記録に残り、障害年金の請求が非常に難しくなっていた。
平成28年に初診日に関する取扱いが変更されたことにより、傷病のことを指摘された日が初診日とはならず、実際に医療機関を受診した日が初診日となる扱いとなった。
約5年遅れてようやく障害年金を請求することができた。(障害厚生年金2級)

お客様の声

当事務所にご依頼いただくまでにどのような ことで悩んでおられましたか?

  • 請求方法
  • 初診日証明の取得
  • 申立書の記入方法

なぜ当事務所にご相談をいただけたのでしょうか?

  • 近くの社労士だから

実際にご依頼されていかがでしたか?

大変親切な対応で安心しました。

このページTOPへ

末期腎不全の方の障害年金をサポート

2016年10月27日 | 兵庫県川西市Y様
内蔵疾患, 糖尿病、慢性腎不全、人工透析

健康診断で高血圧の指摘(要注意)を受けていた。
約15年前の健康診断で初めて治療を要すると指摘され、家族の勧めもあって病院を受診した。
詳しく検査をしてみると、iga腎症になっていると言われた。
以降、定期的に通院し、血圧調整の薬を処方されていたが、次第にクレアチニン数値が高まり、末期腎不全となったため人工透析を行うようになった。

請求時には定期健康診断の結果票などを参考資料として添付。
病歴・就労状況等申立書には、治療を要するとされた健康診断結果から、病院を受診するに至った経緯を詳しく記載した。(障害厚生年金2級)

このページTOPへ

糖尿病性足部壊疽の方の障害年金をサポート

2016年09月27日 | 兵庫県川西市M様
内蔵疾患, 糖尿病、慢性腎不全、人工透析, 肢体の障害

糖尿病があり、下腿部の蜂窩織炎を繰り返していた。
傷をおったところが壊死、難治性潰瘍となり感染をおこし、炎症も強く下腿部からの切断となった。

糖尿病が悪化したことによる下腿部の切断のため、初診日は糖尿病により初めて医療機関を受診した日となる。

初診日の聞き取りをしていくと、約10年前に足のむくみが生じたため医療機関を受診していたことが分かった。

初診時の診療録が廃棄されていないか心配したが無事取得することができ、早期に請求することができた。(障害厚生年金2級)

このページTOPへ

慢性腎不全(腹膜人工透析)の方の障害年金をサポート

2016年05月21日 | 兵庫県川西市Y様
内蔵疾患, 糖尿病、慢性腎不全、人工透析

ご自分で請求しようとするものの準備ができず時間だけが過ぎていた。

その間に障害認定基準の改正があり、準備されていた初診証明では不十分になってしまった。

新たに初診日として該当する医療機関で初診証明を取り直し、準備されていた請求書類を見直し、病歴・就労状況等証明書を作成していった。

最初のご相談から約1ヵ月で請求まで行うことができた。

日本年金機構の審査も2ヵ月もかからず決定し、第1回目の年金も送金され、大変喜んでいただけた。

初診証明が必要となった病院が町の小さな診療所だったため、書類作成に不慣れで、医師への説明に苦労した案件。(障害厚生年金2級+1年遡及)

このページTOPへ

糖尿病性腎症(人工透析)の方の障害年金のサポート

2015年09月19日 | 兵庫県三田市O様
内蔵疾患, 糖尿病、慢性腎不全、人工透析

会社の健康診断により糖尿病を発症していることがわかった。

その後、徐々に病状が悪化、合併症を発症し、人工透析を受けることになった。

人工透析を受けるようになってから半年近く経っていたために、すぐに請求準備に着手することになった。

会社から健康診断の結果票の取寄せ、これまでに通院していた病院の整理などを迅速に行った結果、約1ヵ月後には請求することができた。

自分で請求準備をしていたら、こんなに早く障害年金を受給できていなかったと仰っていただき、大変嬉しく思った案件でした。(障害厚生年金2級)

このページTOPへ

腎硬化症(人工透析)の方の障害年金のサポート

2015年02月16日 | 兵庫県川西市
内蔵疾患, 糖尿病、慢性腎不全、人工透析

腎硬化症により、人工透析を始めて約1年近く経ってから障害年金の制度を知り、お問合せをいただいた。

自覚症状が出始め、病院を受診したのが約10年前だったため、事後重症請求となった。

事後重症請求の場合、1ヶ月請求が遅れるごとに1ヶ月分の年金を受け取っていただくことができなくなるために、一刻も早く書類を揃え、請求する必要があった。

初診日の証明をすぐに取り寄せ、会社で行った健康診断の結果表を集めるなど、迅速に動いた結果、最初にお問合せをいただいてから1ヶ月で請求することができ、受給まで繋げることができた。 (障害厚生年金2級)

このページTOPへ

多発性嚢胞腎・人工透析の方の障害年金のサポート

2014年09月17日 | 大阪府池田市H様
内蔵疾患, 糖尿病、慢性腎不全、人工透析

人工透析で障害年金を請求する際に一番難しいのが初診日の証明である。

今回は、多発性嚢胞腎と診断されてから人工透析が必要となるまで30年かかったケースだった。

初診日の証明が出てくる可能性のある大学病院を調査するのに大変苦労したが、幸運にも初診日を固めることが可能な証明が取れたことで受給につながった案件だった。

おそらく、ご本人様がご自分で請求していた場合は時間がかかり、請求できても、初診日不明で却下となる可能性が大きくあったかもしれない。(障害基礎年金2級)

このページTOPへ

慢性腎不全(人工透析)の方の障害年金請求をサポート

2014年09月05日 | 大阪府豊中市M様
内蔵疾患, 糖尿病、慢性腎不全、人工透析

請求時に必要な書類(受診状況等証明書、診断書、病歴・就労状況等申立書) を迅速に作成し、スムーズな受給を実現させた。

書類上で整備が必要な箇所も多くありましたが、その都度迅速に対応。

特に20年前の初診日証明が困難だったが、複数の書類を添付するなどの工夫をした。

お客様の声

お客様の声 ◯◯市 障害年金のサポート

当事務所にご依頼いただくまでにどのような ことで悩んでおられましたか?

年金の手続きの方法及び過去の通院履歴についての調査方法がわかりませんでした。

なぜ当事務所にご相談をいただけたのでしょうか?

インターネットで検索しているうちに、地元に強いという事で

実際にご依頼されていかがでしたか?

松田先生のお力添えを頂き、手続きをして頂き、年金がスムーズに頂けました。 ありがとうございました

このページTOPへ