約25年前が初診 1型糖尿病で障害厚生年金3級が決定 | かなみ事務所 障害年金請求サポートの事例(川西,池田,伊丹,宝塚,豊中)

| 兵庫県宝塚市A様

約25年前に発熱や口渇、めまいなどの症状が続いていた。

病院を受診したところ一型糖尿病であることが分かった。

以降定期的に通院してインスリン治療を継続していた。

認定日頃から障害年金の受給対象と思われたのだが、診療録が廃棄されていたため事後重症とならざるを得なかった。
初診の医療機関の診療録は廃棄されていたため、転院先の病院の診療録を開示し、初診日を参考資料によって固めて請求を行った。

診断書の方では病院側が診断書の作成に慣れておらず何度も修正を依頼しなければならなかった。

本人請求では却下または不支給になっていた可能性があると思った案件(障害厚生年金3級)

投稿者プロフィール

松田康
松田康社会保険労務士 (障害年金専門家)
かなみ社会保険労務士事務所
社会保険労務士 27090237号
年金アドバイザー
NPO法人 障害年金支援ネットワーク理事

このページTOPへ