障害年金の初診日は排尿痛での受診日か膀胱癌と分かった日か?(人工肛門) | かなみ事務所 障害年金請求サポートの事例(川西,池田,伊丹,宝塚,豊中)

| 兵庫県篠山市A様

排尿痛、残尿感があり、定期的に病院を受診していた。

数年後血尿が出たために病院を受診。検査をすると膀胱癌になっていることが分かり、膀胱を全摘出し人工肛門の手術を行なった。
障害年金の請求(申請)では、最初に排尿痛で受診した日を初診日として申し立てた。

病歴・就労状況等申立書でも排尿痛で受診した日を正確に記載、膀胱癌と診断された経緯も記載していった。
審査の過程では、最終的に膀胱癌と分かった日を初診日とすると連絡がきたため、初診日の訂正を行わなければならなかった。

初診日の特定について考えさせられた案件だった。(障害厚生年金3級)

お客様の声

膀胱癌(人工肛門)の障害年金請求を代行させていただいたご依頼者様の声
↑クリックで拡大

当事務所にご依頼いただくまでにどのような ことで悩んでおられましたか?

  • 障害年金を受給できるかどうか
  • 自分では障害年金の請求が難しいから

なぜ当事務所にご相談をいただけたのでしょうか?

  • ホームページの障害年金ブログを見て

実際にご依頼されていかがでしたか?

バイクでの行動でフットワークも軽く、ムダな話もなく、迅速なお仕事で請求して下さいました。とてもまじめで安心しておまかせできるので、また何かあればお願いしたいと思っております。お世話になりありがとうございました。

このページTOPへ