障害年金の請求方法と適用される時期

障害年金の請求方法や適用される時期について解説します。請求方法は3パターンあり、請求する時期でどのパターンになるかが自動的に決まります。

請求方法によって「いつの時点の診断書を用意するのか」も変わってきますので注意してください。

1. 本来請求

障害認定日から「1年以内」に請求する場合

【用意する診断書】
・障害認定日から3ヶ月以内に作成された診断書を1枚

障害年金 本来請求の図解

2. 遡及請求

障害認定日から「1年を経過して」請求する場合

【用意する診断書】※計2枚
・障害認定日から3ヶ月以内に作成された診断書を1枚
・請求日前の3ヶ月以内に作成された診断書1枚

障害年金 遡及請求の図解

3. 事後重症

障害認定日では障害の状態に該当しなかったが、65歳になるまでに障害の状態となり請求する場合

【用意する診断書】
・請求日前3ヶ月以内に作成された診断書1枚
 ※請求は65歳に達する日の前々日までにおこなう

障害年金 事後重症の図解

このページTOPへ