審査請求(再審査請求)の流れと注意点

障害年金請求の結果に納得がいかない場合、再審査を請求することができます(審査請求、再審査請求)。その流れと注意点を解説いたします。

「審査請求」「再審査請求」とは

障害年金を請求した結果、不支給の決定がなされたり、予想よりも下の等級に認定されてしまうことがあります。障害年金の制度では、これらの結果に対して不服の申し立てができる制度があります。 不服申立ては、初回は社会保険審査官に対して行い、これを「審査請求」といいます。その審査請求の結果でも不服が解消されない場合、次は社会保険審査会に対して不服申し立てを行うことができ、これを「再審査請求」といいます。 「社会保険審査官」または「社会保険審査会」のどちらかで不服が認められれば、日本年金機構による処分の変更が行われます。双方で認められなかった場合は、さらに裁判所に対して行政訴訟を提起することも可能です。

障害年金の不服申立(審査請求・再審査請求)の流れ

一般的な不服申立ての流れは、以下の図のようになります。

再審査請求の流れ

審査請求のポイント

不服がある場合、結果の通知を受けた日の翌日から3か月以内に社会保険審査官に対して不服申立て(審査請求)を行うことができます。

審査請求の期限

審査請求を行なうには、不服がある通知を受け取った日の翌日から3か月以内に行わなければいけません。この3か月という期限を超えた審査請求は、正当な理由のない限り却下処分されますのでご注意ください。

審査請求書

審査請求を行なうには"審査請求書"が必要となります。審査請求書は、住所地を管轄する厚生労働省地方厚生局の社会保険審査官に電話をして取り寄せます。 「障害年金の審査結果に対しての不服であること」「処分の通知を受けた日」「基礎年金番号や住所氏名」などを伝えると、2~3日程度で審査請求書が送付されてきます。

審査請求を行なう理由やその根拠

審査請求の理由として不適切な例を挙げてみましょう。
  • 「主治医が障害年金を受給できるはずだと言ってくれた。 不支給とされるのは不当だ!」
  • 「不支給となったことでさらに精神的に不安定となった。障害年金を受給できるはずだ!」
  • 「障害年金を受給しなければ経済的に大変なんだ!」
このような、診断書や病歴・就労状況等申立書に関係のない事柄や、請求時以降の状況、不支給となった不満などは審査請求の理由として有効に働きません。中には理由を明確にせず、ただ単に審査請求をする方もいらっしゃるようですが、それで不服が認められることは困難です。 審査請求は、障害年金の請求時に提出した書類によって審査された結果、その結果に対して不服を申し立てるものです。「提出した書類のどこに問題があったのか」「過去の裁決例や認定基準などと照らし合わせ、どの点を立証すれば不服が認められるのか」を明確にすることが重要です。 必要に応じて、追加で提出する書類の取得や医師への相談、意見書の依頼などを行ない、審査請求をする趣旨や理由を記入していきます。

審査請求書の提出と審査期間

審査請求書ができれば管轄の社会保険審査官へ提出します。郵送した場合は、数日後に社会保険審査官から審査請求を受け付けたとの通知が送付されます。 審査期間については、法律では60日以内に決定するものとしていますが、審査請求件数があまりにも多いために審査が追い付かず、60日経っても決定されないことがほとんどで、6ヵ月程度の期間を要しています。

決定書の送付

審査請求の結果は、「決定書」として簡易書留で郵送されてきます。 決定書の内容は、審査の不服を認める「容認」、または不服を認めない「棄却」のいずれかです。 審査の内容や結果の根拠等が記載され、この決定に不服がある場合の再審査請求を行なう場合の連絡先なども記載されています。 「容認」の場合は障害年金が支給または等級変更されるのを待ちます。 「棄却」の場合は、審査結果を受けてどの点で主張が認められなかったのかを検討し、再審査請求を行うかどうかを考える必要があります。

審査請求をサポートした事例集

当事務所が担当させていただいた案件を一部ご紹介いたします。 審査請求の事例集

自信がない場合は専門家に相談することをオススメします

障害年金の請求で実績を持つ社会保険労務士に依頼すれば、不服申立(審査請求・再審査請求)で認められる可能性はあるのかどうか、あるとすればどのような理由で不服申し立てをするのかなどを教えてもらえるはずです。 当事務所も障害年金の専門家が全力でサポートいたしますので、納得のいかない結果を受け取ったかたは一度ご相談ください。

このページTOPへ