30代女性 うつ病で障害厚生年金2級を受給 | かなみ社会保険労務士事務所

| 兵庫県宝塚市

相談者の状況

仕事をうまくやらなければと思うほど失敗し、目標に及ばない結果に失望していました。上司や同僚との間でも、仕事の取り組み方や考え方に対しての相違もあり、精神的に追い詰められていきます。

それまで欠勤や早退をしたことがなかったのですが、ある日、体を起こそうとしても起きることができなくなりました。

心療内科を受診したところ、抑うつ状態であると言われ、精神療法と薬物療法が開始されました。

2週間の休職後に復職しますが、勤怠は安定せず、遅出や早退することが度々ありました。体をまったく動かすことができない日もあり、そのような日は欠勤しています。

復職直後は職場の理解があったものの、しばらくすると「休まれては信頼関係はなくなる」と言われるようになりました。

1年後に退職され、精神状態は安定すると思われましたが、職場での辛い気持ちが残ったままで、希死念慮を抱くようになりました。

自宅を飛び出して、踏切の前で虚になっているところを保護され、精神科病院に入院されます。1か月の入院により精神状態は軽快し、外来によって服薬とカウンセリングを受けていました。

受任から申請(請求)までに行ったこと

障害者相談支援事業所から紹介された方で、弊所が手続きを行うことになりました。

受診状況等証明書を取得した後に病歴・就労状況等申立書を作成しました。

医師に診断書を依頼する際は、受診状況等証明書と病歴・就労状況等申立書を渡しています。申請(請求)人は、障害認定日と申請(請求)時に通院していた病院が同じだったため、遡及請求を行うことができました。

結果

年金種類と等級;障害厚生年金2級

年金額:年額1,280,000円 遡及金額6,400,000円(5年遡及)

その他

>>> 障害認定基準 精神の障害

>>> うつ病で障害年金を申請(請求)する方法やポイントを解説

このページTOPへ