精神遅滞の証明を小学校時の担任から申し立て(軽度精神遅滞) | かなみ事務所 障害年金請求サポートの事例(川西,池田,伊丹,宝塚,豊中)

| 兵庫県宝塚市A様

生下時より精神遅滞であったものの家族や周囲は気付くことなく成長した。

小中学校は普通学級へ進学しているが、授業にはついていけず、学校にはほとんど行っていない。

中学卒業後は就職したもののすぐに退職。その後は常に他人の庇護の元で生活を送っていた。

35歳を過ぎて結婚。配偶者が夫は精神遅滞ではないかと感じ、検査を受けさせたところ軽度精神遅滞であると分かった。
審査では小中学校当時の成績表の提出を追加で求められたが、30年近く前の書類はどこにも存在せず、それに代わる資料を探すのに大変苦労した案件。(障害基礎年金2級)

投稿者プロフィール

松田康
松田康社会保険労務士 (障害年金専門家)
かなみ社会保険労務士事務所
社会保険労務士 27090237号
年金アドバイザー
NPO法人 障害年金支援ネットワーク理事

お客様の声


↑クリックで拡大

当事務所にご依頼いただくまでにどのような ことで悩んでおられましたか?

申立書の記入方法

障害年金を受け取れるのかどうか

自分では障害年金の請求ができないから

なぜ当事務所にご相談をいただけたのでしょうか?

地元の社労士だから

無料相談をしてくれるから

出張相談をしてくれるから

元郵便局員ということで親しみをもてそうだから

障害年金ブログなどを見て

実際にご依頼されていかがでしたか?

すごく最初の頃からご親切にしていただき、しかも早く動いてくださり、無事に年金を受け取れることになり、心から感謝しております。

本当にありがとうございました。又、今後何かのきかいがありましたらどうぞよろしくお願いいたします。

このページTOPへ