障害年金を複数の疾患で請求(申請)するか重度知的障害か | かなみ事務所 障害年金請求サポートの事例(川西,池田,伊丹,宝塚,豊中)

| 大阪府箕面市A様

重度の知的障害のお子様を持たれるお母さまからご依頼を受けた。

知的障害以外に複数の傷病があったが、請求をするは知的障害のみに絞ることにした。

理由は、知的障害のみで障害等級1級に相当すると思われたからである。
障害年金の受給が決定されても更新の必要のない、永久認定を目指した案件だった。

(障害基礎年金1級 永久認定)

投稿者プロフィール

松田康
松田康社会保険労務士 (障害年金専門家)
かなみ社会保険労務士事務所
社会保険労務士 27090237号
年金アドバイザー
NPO法人 障害年金支援ネットワーク理事

お客様の声


↑クリックで拡大

当事務所にご依頼いただくまでにどのような ことで悩んでおられましたか?

請求方法

初診日証明の取得

申立書の記入方法

その他(役所の担当者の態度が悪い)

なぜ当事務所にご相談をいただけたのでしょうか?

地元の社労士だから

出張相談をしてくれるから

実際にご依頼されていかがでしたか?

自分で請求をしていたら不用意に情報をかき集めて、将来的に本人にとって損(または困る)結果になっていたと思うのでプロに依頼して良かったです。また請求から続く不安も軽減されて心理的にも楽になりました。ありがとうございました。

このページTOPへ