処方量が変化したのは症状が軽減したためか | かなみ事務所 障害年金請求サポートの事例(川西,池田,伊丹,宝塚,豊中)

| 兵庫県川西市A様

うつ病の状態が悪化し、受給中であった障害厚生年金3級の等級を変更する請求(申請)をおこなったが、障害等級は変更されなかった。

理由を調査すると、前回提出した診断書から薬の処方量が減っていたためであることが分かり、審査請求をすることになった。

処方量が減ったのは、病院を転院したことにより、処方薬や処方量が見直されたためであった。
審査請求では、薬の処方量が減った理由などについて申立てをおこなった。

書類だけで判断される書類審査の恐さを実感した案件(障害厚生年金3級から障害厚生年金2級に改定)

投稿者プロフィール

松田康
松田康社会保険労務士 (障害年金専門家)
かなみ社会保険労務士事務所
社会保険労務士 27090237号
年金アドバイザー
NPO法人 障害年金支援ネットワーク理事

このページTOPへ