外見では障害の程度は分からない(高次脳機能障害) 障害厚生年金2級が決定 | かなみ事務所 障害年金請求サポートの事例(川西,池田,伊丹,宝塚,豊中)

| 兵庫県川西市A様

高血圧症脳出血で救急搬送された。懸命のリハビリの結果肢体に麻痺が多少残ったものの日常生活に支障を受ける程度ではなかった。

しかし、日常生活において家族が気付くほど明らかな注意障害や記憶障害が生じていた。
外見では障害があるとは分からない傷病であるため、日常生活で困っていることを詳しくヒアリングした。
診断書作成時にこれらのことを医師に伝え、診断書作成時の参考にしてもらった。(障害厚生年金2級)

投稿者プロフィール

松田康
松田康社会保険労務士 (障害年金専門家)
かなみ社会保険労務士事務所
社会保険労務士 27090237号
年金アドバイザー
NPO法人 障害年金支援ネットワーク理事

このページTOPへ