知的障害は事故が原因とされて却下 軽度知的障害で障害年金を再申請(請求) | かなみ社会保険労務士事務所

| 兵庫県川西市B様

言葉の出始めが遅く、喃語でさえもなかなか出なかったようです。

3歳の頃には数十回のひきつけ発作があり、脳波検査を受けていますが、異常はありません。

小学校では授業中にも関わらず、教室から突然出て行ったり、教室中を歩き回るため、小学2年生から特別支援学級で過ごすようになりました。

高校は全寮制の高校に入学して3年間を過ごしています。

高校卒業後は美容理容専門学校に入学しますが、実技を覚えるのに非常に苦労し、学科試験でも不合格になったため、資格を取得できずに卒業しています。

その後は、一般就労はできず、短期間で単純作業の職場を転々としていました。

受任から申請(請求)までに行ったこと

4年前に障害年金を申請(請求)されましたが「却下」になっていました。却下理由は「請求のあった知的障害については、発達期に知能水準の障害があったとは認められない」というものです。このようになった原因は、病歴・就労状況等申立書に、知的障害の原因と考えられる事故の記載があったことでした。

再申請(請求)では、幼少期の発達状況などを詳細に記載し、小中学校の通知簿を提出し、知的障害は先天性のものであると申し立てました。

結果

年金種類と等級;障害基礎年金2級

年金額:年額780,000円

その他

>>> 障害認定基準 精神の障害

>>> 知的障害(精神遅滞)で障害年金を申請(請求)する方法やポイントを解説

お客様の声


↑クリックで拡大

当事務所にご依頼いただくまでにどのような ことで悩んでおられましたか?

  • 自分では障害年金の請求ができないから

なぜ当事務所にご相談をいただけたのでしょうか?

  • 近くの社労士だから

実際にご依頼されていかがでしたか?

すごくやさしく障害年金の説明をていねいにしてくれたのでなんでも話しやすかったです。ありがとうございました。

このページTOPへ