反復性うつ病性障害の初診日は逆流性食道炎で内科を受診した日 | かなみ社会保険労務士事務所 障害年金請求サポートの事例

| 大阪府箕面市

職場内で怒鳴ったり、怒りのあまり、FAX機を蹴飛ばしたりするような上司がいた。

怒りは自分に対してではなかったが、目にすることで吐き気を感じるようになっていた。

仕事に行こうと思うと、何度もえずいたり嘔吐してしまうようになった。

病院を受診すると逆流性食道炎と診断され、薬を処方されたが、症状は変わらなかった。

嘔吐やえずきは会社への出勤前と帰宅時に多く、休日には少しましになっていたため、逆流性食道炎ではなく、精神的な疾患ではないかと疑って心療内科を受診した。

会社を退職することで精神的なストレスは軽減したが、悪心や嘔吐などの身体症状は改善することはなかった。

 

障害年金の初診日は「障害の原因となった傷病につき、初めて医師又は歯科医師の診療を受けた日」とされている。

「逆流性食道炎」と請求傷病である「反復性うつ病性障害」は傷病名だけで見ると因果関係はまったくないと思われるが、初診日の定義から考えると、逆流性食道炎で受診した日が初診日になると考えた。

逆流性食道炎で受診したのは約10年前であり、カルテは既に廃棄されていたため、転院先の病院(心療内科)で「受診状況等証明書」を取得した。

心療内科のカルテに、逆流性食道炎の発病時期が記載されていたため、初診の時期を特定することができた。

(障害厚生年金2級)

投稿者プロフィール

松田康
松田康社会保険労務士 (障害年金専門家)
かなみ社会保険労務士事務所
社会保険労務士 27090237号
年金アドバイザー
NPO法人 障害年金支援ネットワーク理事

このページTOPへ