転院先の病院に前医の記載あり 転院先の受診状況等証明書で初診の時期を特定(反復性うつ病性障害) | かなみ事務所 障害年金請求サポートの事例(川西,池田,伊丹,宝塚,豊中)

| 大阪府箕面市

職場内で怒鳴り散らしたり、FAX機を蹴ったりするような上司がいた。

自分は怒られていないが、それらを目にすることで吐き気を感じるようになっていた。

仕事に行こうと思うと、何度もえずいたり嘔吐してしまうようになった。

病院を受診すると逆流性食道炎と診断され、薬を処方されたが、症状は変わらなかった。

嘔吐やえずきは会社への出勤前と帰宅時に多く、休日には少しましになっていたため、逆流性食道炎ではなく、精神的な疾患ではないかと疑って心療内科を受診した。

会社を退職することで精神的なストレスは軽減したが、悪心や嘔吐などの身体症状は改善することはなかった。

逆流性食道炎と診断された病院の初診は約10年前であり、カルテは既に廃棄されていた。このため、転院先の病院で受診状況等証明書を取得した。

初診時のカルテに逆流性食道炎と発病時期が記載されていたため、初診の時期を特定することができた。(障害厚生年金2級)

このページTOPへ