50歳になって療育手帳を取得 中等度精神地帯で障害基礎年金2級が決定 | かなみ事務所 障害年金請求サポートの事例(川西,池田,伊丹,宝塚,豊中)

| 兵庫県川西市N様

小学校、中学校は成績不良。友人もできず、放課後や休日は自宅での一人遊びで過ごしていた。高校進学の学力はなく、親類等の家事手伝いをしていた。両親の死後は弟の支援で独居生活を試みるが、日常的な生活能力は低く、生活を維持できなかった。
弟が市役所に相談に行くと、病院を受診するようにすすめられた。診察の結果、知的障害を疑われ、発達検査を受けると中等度精神地帯であるとわかった。(障害基礎年金2級)

投稿者プロフィール

松田康
松田康社会保険労務士 (障害年金専門家)
かなみ社会保険労務士事務所
社会保険労務士 27090237号
年金アドバイザー
NPO法人 障害年金支援ネットワーク理事

このページTOPへ