一般企業で社会保険に加入 障害厚生年金3級が決定(広汎性発達障害) | かなみ社会保険労務士事務所 障害年金請求サポートの事例

| 大阪府大阪市

幼少期よりケアレスミスが多く、集中力がなかった。人の話を聞けない、期限ギリギリになる、片付けられない、嫌なことを先送りする、興味のあることに過集中しやすい、失くし物や落とし物が多い、忘れやすい、気が散りやすいといった症状があった。

大学卒業後に就職するが、忘れやすい、報連相ができない、優先順位が分からない、マルチタスクができない、ミスが多いなどが続き、気分が落ち込むようになり、心療内科を受診した。

障害年金の請求時は、一般企業に障害者雇用として週5日、8時間勤務で就労していた。これだけを見ると、労働に著しい制限を受けていないと思われるが、実際は、職場内の個室で作業を許されていたり、人事担当者や管理者を交えて定期的に面談を受けていたり、具体的な計画を管理者と相談して決めていたりと、様々な配慮がある状態で就労されていた。

これらのことを「就労状況申立書」として職場の管理者に記載してもらい、家族からも就労を継続するために支援している内容を「申立書」として記載し、障害年金を請求した。(障害厚生年金3級+3年遡求)

投稿者プロフィール

松田康
松田康社会保険労務士 (障害年金専門家)
かなみ社会保険労務士事務所
社会保険労務士 27090237号
年金アドバイザー
NPO法人 障害年金支援ネットワーク理事

このページTOPへ