病歴・就労状況等申立書のみの支援(統合失調症で5年遡及) | かなみ事務所 障害年金請求サポートの事例(川西,池田,伊丹,宝塚,豊中)

| 大阪府大阪市

隣席の社員の行動が気になって仕事に集中ができなかった。

パソコンのキーボードをうっている指の動作が気になり、指の動作を見ていると脳を触られているような感覚になった。

上司に相談したところ病院を受診するように言われ、心療内科を受診した。

医師から統合失調症の疑いがあると言われ、抗精神病薬を処方されるようになった。

会社の方は試用期間が満了後に退職することになり、その後は療養を続けていた。

心療内科を受診したのは就職直後だったため、障害厚生年金として請求することができた。しかも、初診から同じ病院に通院されていたため遡及請求を行うことができた。

相談時には、請求日の診断書を準備されていたため、追加で障害認定日の診断書を依頼した。初診から請求日まで同一の心療内科だったため、受診状況等証明書は必要なく、診断書も取得済みだったため、病歴・就労状況等申立書の事務手数料のみで支援を行った。(障害厚生年金2級+5年遡及)

投稿者プロフィール

松田康
松田康社会保険労務士 (障害年金専門家)
かなみ社会保険労務士事務所
社会保険労務士 27090237号
年金アドバイザー
NPO法人 障害年金支援ネットワーク理事

このページTOPへ