広汎性発達障害で障害基礎年金2級が決定 | かなみ事務所 障害年金請求サポートの事例(川西,池田,伊丹,宝塚,豊中)

| 兵庫県川西市S様

子どもの頃から両親の仲が悪かった。母親から虐待され、性的虐待もあった。

大学時代には交際相手と死別するなどあり、希死念慮や離人症のため、いくつかの医療機関を受診していた。心理的発達障害及び情緒障害と診断され、一時期カウンセリングに通った時期があった。

その後、別の精神科を受診するも、薬の副作用でしんどくなったために中断。

家庭環境が不安定な状態が続き、これからどんな風に生きればよいのか分からないため、障害者相談センターに相談したところ、適切な医療機関へとつながった。

 

請求時には、一人暮らしであるものの、易疲労感や全身倦怠感が著名なため、家事はほとんどできずに交際相手が家事全般を訪宅時にしていた。

母親からの虐待や性的虐待、交際相手との死別などの過去の心的外傷体験についてEMDR療法などを受けていたが改善せず、フラッシュバックのために過去なのか現在なのかわからなくなり、気付いたら地面に倒れているなど、日常生活に支障をきたしていた。

 

障害者相談センターからの紹介で障害年金の手続きを行うことになった。初診日は20年以上も前であったが、数カ所の医療機関を転々としていたため、診療録が残っていた医療機関の受診状況等証明書で「20歳前に受診」していたことが証明できた。

心的外傷ストレス障害と離人症の症状が強かったが、その背景に広汎性発達障害があるとのことで、広汎性発達障害が傷病名となっていた。(障害基礎年金2級)

投稿者プロフィール

松田康
松田康社会保険労務士 (障害年金専門家)
かなみ社会保険労務士事務所
社会保険労務士 27090237号
年金アドバイザー
NPO法人 障害年金支援ネットワーク理事

このページTOPへ