肢体の障害 カテゴリーの記事一覧

記事数:6件

パーキンソン病と障害年金(2017年03月14日)

パーキンソン病のために日常生活に支障が生じている場合には障害年金の対象となります。
ここでは、パーキンソン病で障害年金を請求する場合のポイントや注意点を解説します。

多発性硬化症と障害年金(2016年09月04日)

多発性硬化症が原因で身体に障害が残り、日常生活に支障が生じてきた場合には障害年金の対象となります。
ここでは、多発性硬化症で障害年金を請求する場合のポイントや注意点を解説します。

線維筋痛症と障害年金(2015年12月03日)

線維筋痛症により日常生活に著しい支障が出ている場合にも障害年金の対象となります。
ここでは、線維筋痛症で障害年金を請求するためのポイントや注意点を解説します。

大腿骨骨頭壊死と障害年金(2015年11月08日)

大腿骨骨頭壊死により人工関節となった方や、立つことや歩行が著しく困難になっている場合は、障害年金の対象です。ここでは、大腿骨骨頭壊死により障害年金を請求する場合のポイントや注意点を解説します。

変形性股関節症(人工関節)と障害年金(2014年09月17日)

変形制股関節症などで人工関節が必要になった場合、障害年金の対象となります。
人工関節で障害年金を請求するためのポイントや注意点を解説します。

脳梗塞・脳出血で肢体の障害になった場合と障害年金(2014年10月12日)

脳梗塞や脳出血の後遺症は、身体の片側だけの麻痺、言語機能障害、記憶の障害などがあります。
ここでは、脳梗塞や脳出血で肢体の障害となった場合の障害年金の請求について解説していきます。

このページTOPへ