約30年間の通院 双極性感情障害で障害基礎年金2級が決定 | かなみ事務所 障害年金請求サポートの事例(川西,池田,伊丹,宝塚,豊中)

| 兵庫県川西市B様

思春期に母親との関係が悪化し、慢性的な頭痛が続いていた。

市販の頭痛薬を服用しても一向に良くならず、父親に連れられて自宅近くの診療所を受診した。

その後、精神的に不安定となって自傷行為を行ったため、精神科病院に入院することになり、退院後は不定期ながらも通院を継続していた。
30代の頃、ほとんど睡眠をとらずに遊びに時間を割くようになり、遊興費が必要になると借金をするなど、私生活の行動が積極的になった。

そうした状態が続いたかと思うと、かつてのうつ病をぶり返したように気分が落ち込み、自殺を考えることもあった。

うつ状態の時に精神科病院を受診したところ、「双極性感情障害」と診断された。
10代の頃から断続的に通院していた。通院中断期間はあったが、その期間は躁状態で通院していなかっただけで、社会的治癒を申し立てるのも困難であると判断した。30年前の初診日証明の取得が非常に困難だった案件。(障害基礎年金2級)

投稿者プロフィール

松田康
松田康社会保険労務士 (障害年金専門家)
かなみ社会保険労務士事務所
社会保険労務士 27090237号
年金アドバイザー
NPO法人 障害年金支援ネットワーク理事

お客様の声


↑クリックで拡大

当事務所にご依頼いただくまでにどのような ことで悩んでおられましたか?

  • 請求方法
  • 初診日証明の取得病歴・就労状況等申立書の記入方法
  • 障害年金を受給できるかどうか

なぜ当事務所にご相談をいただけたのでしょうか?

  • 近くの社労士だから
  • 無料相談をしてくれるから
  • 出張相談をしてくれるから
  • 元郵便局員ということで親しみをもてそうだから
  • ホームページの障害年金ブログを見て

実際にご依頼されていかがでしたか?

人に話しにくいことでも話しやすくてよかったです。

一人で困っていたので大変助かりました。

大変な依頼内容にも関わらず、引き受けてくださってありがたく思っています。

本当にありがとうございました。

このページTOPへ