精神の障害 カテゴリーの記事一覧

記事数:9件

慢性疲労症候群と障害年金(2018年12月23日)

慢性疲労症候群により日常生活に著しい支障が出ている場合にも障害年金の対象となります。
ここでは、慢性疲労症候群で障害年金を請求するためのポイントや注意点を解説します。

高次脳機能障害と障害年金(2017年10月29日)

高次脳機能障害も障害年金の対象です。
ここでは、高次脳機能障害で障害年金を請求する場合のポイントや注意点を解説します。

双極性感情障害(躁うつ病)と障害年金(2016年03月06日)

躁うつ病(双極性障害)も障害年金の対象です。
躁うつ病(双極性障害)で障害年金を請求する時のポイントや注意点を解説します。

若年性アルツハイマー(若年性認知症)と障害年金(2015年03月19日)

若年性アルツハイマー(若年性認知症)も障害年金の対象です。
若年性アルツハイマー(若年性認知症)で障害年金を請求するにあたってのポイントや注意点を解説します。

知的障害・精神遅滞と障害年金(2014年11月30日)

知的障害(精神遅滞)も障害年金の対象になります。
ここでは、知的障害(精神遅滞)で障害年金を請求するに当たってのポイントや注意点について解説します。

発達障害(広汎性発達障害(アスペルガー症候群・高機能自閉症)と障害年金(2014年01月14日)

発達障害は広汎性発達障害(アスペルガー症候群・高機能自閉症)・自閉症などがありますが、これらの発達障害でも日常生活や労働に支障が出ていれば障害年金を受給できる可能性があります。

てんかんと障害年金(2013年11月11日)

てんかん患者の方は、障害年金を受給できる可能性があります。ここでは、障害年金におけるてんかんの分類や等級、注意点などの情報を解説します。

統合失調症と障害年金(2013年11月26日)

統合失調症により日常生活に支障がでている場合には障害年金の対象になります。
統合失調症で障害年金を請求するためのポイントや注意点を解説します。

うつ病と障害年金(2013年11月26日)

うつ病により日常生活に支障がでている場合には障害年金の対象となります。
うつ病で障害年金を請求するためのポイントや注意点を解説します。

このページTOPへ