舌癌と障害年金

舌癌が原因で「そしゃく・嚥下機能」や「言語機能」に障害が残り、日常生活に支障が生じた場合には障害年金の対象となります。ここでは、舌癌で障害年金を請求する場合のポイントや注意点を解説します。

 そしゃく・嚥下機能や言語機能の障害年金認定基準は

舌癌が原因でそしゃく・嚥下機能や言語機能の障害となった場合の障害年金認定基準は次のようになっており、それぞれの等級によって支給額が決まります。※3級は障害厚生年金のみ

支給される障害年金額は等級別の障害年金の年金額をご参照ください。

そしゃく・嚥下機能の障害の障害認定基準

等級 障害の程度
2級 流動食以外は摂取できないもの。経口的に食物を摂取することができないもの、及び、経口的に食物を摂取することが極めて困難なもの(食餌が口からこぼれ出るため常に手、器物等でそれを防がなければならないもの、または、一日の大半を食事に費やさなければならない程度のもの)をいう。
3級 経口摂取のみでは十分な栄養摂取ができないためにゾンデ栄養の併用が必要なもの、または、全粥又は軟食以外は摂取できない程度のものをいう。
障害手当金 ある程度の常食は摂取できるが、そしゃく・嚥下が十分できないため、食事が制限される程度のものをいう。

(1)そしゃく・嚥下機能の障害は、歯、顎(顎関節も含む。)、口腔(舌、口唇、硬口蓋、頬、そしゃく筋等)、咽頭、喉頭、食道等の器質的、機能的障害(外傷や手術による変形、障害も含む。)により食物の摂取が困難なもの、あるいは誤嚥の危険が大きいものである。

(2)そしゃく・嚥下機能の障害の程度は、摂取できる食物の内容、摂取方法によって上記(2級~障害手当金)のように区分するが、関与する器官、臓器の形態・機能、栄養状態等も十分考慮して総合的に認定する。

(3)食道の狭窄、舌、口腔、咽頭の異常等によって生じる嚥下の障害については、そしゃく機能の障害に準じて、すなわち、摂取し得る食物の内容によって認定を行う。

言語機能の障害認定基準

等級 障害の状態
2級 発声に関わる機能を喪失するか、話すことや聞いて理解することのどちらか又は両方がほとんどできないため、日常会話が誰とも成立しないものをいう。
3級 話すことや聞いて理解することのどちらか又は両方に多くの制限があるため、日常会話が、互いに内容を推論したり、たずねたり、見当をつけることなどで部分的に成り立つものをいう。
障害手当金 話すことや聞いて理解することのどちらか又は両方に一定の制限があるものの、日常会話が、互いに確認することなどで、ある程度成り立つものをいう。

(1)音声又は言語機能の障害とは、発音に関わる機能又は音声言語の理解と表出に関わる機能の障害をいう。

(2)構音障害、音声障害又は聴覚障害による障害については、発声不能な語音を評価の参考にする。発声不能な語音は、次の4種について確認するほか、語音発語明瞭度検査等が行われた場合はその結果を確認する。

  • 口唇音(ま行音、ぱ行音、ば行音等)
  • 歯音、歯唇音(さ行、た行、ら行等)
  • 歯茎硬口蓋音(しゃ、ちゃ、じゃ等)
  • 軟口蓋音(か行音、が行音等)

そしゃくと言語機能の両方に障害が残った場合

舌癌の手術により舌を欠損した場合、「言語機能」と「そしゃく・嚥下機能」の両方に障害が残ることがあります。この場合、障害年金では「言語機能」と「そしゃく・嚥下機能」の障害の程度をそれぞれ併合し、併合された等級で障害年金が支給されることになります。

例えば、言語機能の障害で「話すことや聞いて理解することのどちらか又は両方に多くの制限があるため、日常会話が、互いに内容を推論したり、たずねたり、見当をつけることなどで部分的に成り立つ程度」の障害と、そしゃく・嚥下機能の障害で「経口摂取のみでは十分な栄養摂取ができないためにゾンデ栄養の併用が必要なもの、または、全粥又は軟食以外は摂取できない程度」の障害の両方が残った場合、それぞれの障害の程度は3級相当になりますが、それらが併合されて2級相当とされます。

舌半切除術の場合、嚥下や言語などの障害は労働に支障を受ける程度(3級または障害手当金)で、舌亜全摘出術で残っている舌がごくわずかしかない場合や、舌全摘出術で大きな嚥下障害が残った場合、また、誤嚥に対する方策を行っても完全に防止ができずに喉頭を摘出せざるを得ない場合には障害年金(2級程度)を受給できる可能性があります。

障害年金の請求で必要な書類(初診日証明)

舌癌で障害年金を請求する場合、初診日を確定させる必要があります。多くの方は口内炎などが長引いた後、街の小さな診療所を受診した方が多いのではないでしょうか。

その後、症状が治まらず大きな病院を紹介され、舌癌と診断された場合、舌癌と診断を受けた病院が初診の医療機関ではなく、口内炎で診療所を受診した日が障害年金を請求するではなく場合の初診日となります。

障害年金の請求で必要な書類(診断書)

障害年金の請求で使用する診断書は、「聴覚・鼻腔機能・平衡機能・そしゃく・嚥下機能・音声または言語機能」の診断書になります。

障害の状態を反映するために必要な項目としては、⑩障害の状態の(4)そしゃく・嚥下機能の障害、(5)音声・言語機能の障害(ア)(イ)、⑪現症時の日常生活活動能力及び労働能力、⑫予後、となります。

障害年金の請求で必要な書類(病歴・就労状況等申立書)

初診日の証明ができ、症状が正しく反映された診断書を取得した後は、病歴・就労状況等申立書を記入していくことになります。

口内炎などの症状が出始めた頃から診療所を受診した経緯、現在までの経過を整理して年月順に記入していきます。

これには通院期間や入院期間、医師から指示された事項や就労状況や日常生活状況などを具体的に記入していきます。

診断書は現在の病状を表すもので、病歴・就労状況等申立書は初診日の補足資料としてと、これまでの病状の経過を表すものと言えます。

病歴・就労状況等申立書には、日常生活でどんなことで困っているのかを記入する項目もあります。人によっては手術で顎の骨を削ったり、歯を抜いたり、リンパ腺を切除した方もいらっしゃるかと思います。診断書上では反映されなかった体の状態や日常生活にどのように支障を受けているかを審査側に伝えておきましょう。

病歴・就労状況等申立書の記入方法はこちらをご覧ください

面倒な請求は、専門家に任せてしまうのも一考です

障害年金を請求するためには、様々な書類の準備や手続きが必要です。それぞれの書類にはチェックしておきたい項目がいくつもあります。初診日の証明ひとつでも、カルテの保存期限(5年)を超過している場合には初診日の証明ができないこともあります。そういった時には次の転院先の医療機関で証明が取れるのか。仮に取れたとしても、先の医療機関の初診日に関する記載はあるのかなど…

おそらく、一生に一度しかない手続きを、何度も年金事務所や病院に足を運び、初診日を証明するための書類を揃えていくのは大変だと思います。また、慣れない書類の準備や請求の手続きをするのは困難な場合も多いでしょう。

そんな時は、確実な手順で障害年金請求の手続きを進めてくれる専門家に依頼することをオススメします。

かなみ事務所(川西市)は、兵庫・大阪での障害年金の請求をサポートいたします

当事務所の障害年金請求サポートは、ご依頼者様がすみやかに障害年金の受給ができるようサポートしております。

対象地域は大阪・兵庫(詳細はこのページ下の対応地域をご覧ください)で、無料相談や出張相談を承っております。お気軽にご利用ください。

» 障害年金請求サポート(川西、池田、豊中、伊丹など北摂全域)

このページTOPへ

前後記事&カテゴリ記事一覧

このページTOPへ