糖尿病が原因の人工透析で障害年金を請求(申請)する場合の注意点を解説 | かなみ社会保険労務士事務所

糖尿病が原因により人工透析が必要になった場合、障害年金の対象となります。
ここでは、人工透析で障害年金を請求(申請)するためのポイントや注意点を解説いたします。

腎疾患(人工透析)の障害認定基準

人工透析

糖尿病が原因で人工透析になった場合の障害認定基準は、次のように2級と認定されています。

程度 障害の状態
2級 人工透析療法施行中のもの

※障害の程度を認定する時期は、人工透析療法を初めて受けた日から起算して3月を経過した日(初診日から起算して1年6月を超える場合を除く)とする。

障害年金の請求(申請)の進め方

人工透析で障害年金を請求(申請)する場合、手続きの進め方は次のようになります。

  1. 「初診日」を調べる。
  2. 受診状況等証明書」取得する。
  3. 病歴・就労状況等申立書」作成する。
  4. 診断書(腎疾患・肝疾患・糖尿病の障害用」の作成を病院に依頼する。

具体的な手順はこちらのページで解説していますので、ご確認ください。

糖尿病が原因の人工透析で障害年金を請求(申請)する際のポイント

ポイント1 糖尿病が原因で人工透析となった場合の初診日は?

障害年金では、糖尿病が原因で人工透析となっている場合には、「糖尿病と人工透析は因果関係あり」として扱われています。

この結果、糖尿病で最初に医師の診察を受けた日を初診日として扱われ、その日を初診日として障害年金を請求(申請)することになります。

 

ポイント2 初診日は必ず特定する必要があります。

糖尿病から人工透析に至るまでの進行は個人により様々でしょうが、数年から数十年経過していると思います。
糖尿病が原因によって人工透析となった場合で、初診日が相当程度過去にある場合は、初診日の特定が困難になっていることが多くあります。

初診日が特定できない場合は、障害年金を請求(申請)しても「初診日が不明」となって却下になる可能性があります。

「人工透析療法をしているから障害年金を受給できる」と考えないようにしてください。

初診日を特定するために次のような方法がありますので、障害年金を請求(申請)する際には参考にしてください。

>> 20歳前に初診日がある場合の第三者からの申立書 (第三者証明)について

>> 20歳以降に初診日がある場合の第三者からの申立書 (第三者証明)について

>> 初診日が一定の期間内にあると確認された場合の初診日確認の取扱いについて

>> その他 障害年金の初診日取扱いについて

 

ポイント3 障害年金を請求(申請)できる日はいつから?

初診日から1年6か月以内に人工透析療法を始めた場合には、人工透析療法を初めて受けた日から起算して3月を経過した日に障害年金を請求することができます。

この場合、人工透析療法を始めてから3月を経過した日を基準にして、その日から3か月以内の診断書を用意します。

糖尿病から長い期間を経てから人工透析が必要になった場合には、人工透析療法の開始から3か月待つ必要はなく、すぐに障害年金を請求(申請)することができます。

糖尿病が原因による人工透析で障害年金をサポートした事例集

弊所が担当させていただいた案件を一部ご紹介いたします。

初診日とされる一定期間を申し立てることによって初診日認定(末期腎不全)

糖尿病が原因で末期腎不全(人工透析)となった方だった。

他の社会保険労務士が障害年金の請求(申請)を試みたものの、初診日証明を取得できずに請求を断念していた。

人工透析療法を初めてから1年近く経っていた。
糖尿病の初診日が約20年前だったことから初診日を証明することが困難だと思ったが、病初期に入院していた病院の診療録が存在していることを確認し、診療録の開示請求を行った。

診療録によって初診日の「年」まで特定できたため、初診日とされる一定期間を申し立てることによって初診日が認められた。

このようなケースは本人請求または障害年金の請求(申請)に不慣れな社労士では困難だと思った案件だった。(障害厚生年金2級)

ご不安な方は、障害年金の専門家へ相談しましょう。

障害金を請求(申請)するためには、様々な書類の準備や手続きが必要です。それぞれの書類にはチェックしておきたい項目がいくつもあります。

初診日の証明ひとつでも、カルテの保存期限(5年)を超過している場合には初診日の証明ができないこともあります。そういった時には次の転院先の医療機関で証明が取れるのか、仮に取れたとしても、先の医療機関の初診日に関する記載はあるのかなど確認しなければいけません。

おそらく、一生に一度しかないような障害年金の請求(申請)手続きで、何度も年金事務所や病院に足を運び、初診日を証明するための書類を揃えていくのは大変だと思います。また、慣れない書類の準備や請求の手続きをするのは困難な場合も多いでしょう。

そんな時は、確実な手順で障害年金の請求(申請)手続きを進めてくれる専門家に依頼することをおすすめします。

かなみ社会保険労務士事務所(川西市)は、兵庫・大阪での障害年金の請求(申請)をサポートいたします

対象地域は大阪・兵庫(詳細はこのページ下の対応地域をご覧ください)で、無料相談や出張相談を承っております。

その他の地域でも対応が可能な場合もございますので、お気軽にご利用ください。

» 障害年金請求(申請)サポート サービス内容と料金(川西、池田、豊中、伊丹など阪神・北摂全域)

» メールでのご予約・お問い合わせ

» お電話でのお問い合わせ TEL:072-746-9900

このページTOPへ

前後記事&カテゴリ記事一覧

このページTOPへ