初診日とされる一定期間を申し立てることによって初診日認定(末期腎不全) | かなみ事務所 障害年金請求サポートの事例(川西,池田,伊丹,宝塚,豊中)

| 大阪府大阪市A様

糖尿病が原因で末期腎不全(人工透析)となった方だった。

他の社会保険労務士が請求を試みたものの初診日証明が取得できずに請求を断念。

人工透析療法を初めてから1年近く経っていた。
糖尿病の初診日が約20年前だったことから初診日を証明することが困難だと思ったが、病初期に入院していた病院の診療録が存在していることを確認し、診療録の開示請求を行った。

診療録によって初診日の「年」まで特定できたため、初診日とされる一定期間を申し立てることによって初診日が認められた。

このようなケースは本人請求または障害年金の請求に不慣れな社労士では困難だと思った案件(障害厚生年金2級)

投稿者プロフィール

松田康
松田康社会保険労務士 (障害年金専門家)
かなみ社会保険労務士事務所
社会保険労務士 27090237号
年金アドバイザー
NPO法人 障害年金支援ネットワーク理事

お客様の声


↑クリックで拡大

当事務所にご依頼いただくまでにどのような ことで悩んでおられましたか?

  • 初診日証明の取得
  • 病歴・就労状況等申立書の記入

なぜ当事務所にご相談をいただけたのでしょうか?

  • 出張相談をしてくれるから
  • ホームページの障害年金ブログを見て
  • 信頼できそうだから
  • 障害年金の経験が豊富そうだから

実際にご依頼されていかがでしたか?

知識が豊富でとても分かりやすく手続きを説明してくださったので安心して依頼することができました。初診日証明のために遠方の病院にまで行ってくださる行動力にもおどろきました。無事に受給できるようになったのも初診日を確認に遠方まで足を運んでくださったおかげです。

このページTOPへ