子宮頸癌・乳癌で障害厚生年金3級が決定(堺市A様) | かなみ事務所 障害年金請求サポートの事例(川西,池田,伊丹,宝塚,豊中)

| 大阪府堺市A様

不正出血が続いていたことから病院を受診したところ、子宮頸がんであると分かった。

手術前に再検査が行われたところ、乳がんも見つかった。

子宮頸がんと乳がんに対して放射線治療と抗がん剤治療を行った。
請求時には、ホルモン治療と分子標的治療を行っていたが、放射線治療中にあった下痢が続き、ホルモン治療の影響により体全体の倦怠感、疲労感、頭痛やめまいなどによって、発病前に在籍していた会社への復職はできない状態だった。(障害厚生年金3級)

投稿者プロフィール

松田康
松田康社会保険労務士 (障害年金専門家)
かなみ社会保険労務士事務所
社会保険労務士 27090237号
年金アドバイザー
NPO法人 障害年金支援ネットワーク理事

このページTOPへ