再請求で障害基礎年金2級が決定(統合失調症 宝塚市) | かなみ事務所 障害年金請求サポートの事例(川西,池田,伊丹,宝塚,豊中)

| 兵庫県宝塚市A様

ご自分で障害年金を請求(申請)したものの、障害の等級に該当せずに不支給通知を受けていた。それ以降、障害年金のことは諦めていたが、通院先で、ご自分よりも症状が軽いにも関わらず障害年金を受給していることを知り、もう一度請求を考えるようになった。
不支給になった時の資料の写しを年金事務所から取り寄せ、その不支給になった原因を調査した。

病状を正しく反映した診断書を得ることができ、申立書も丁寧に作成したところ、無事、障害基礎年金2級で認定された。

「自分で請求をしていたら、絶対に障害年金を受け取ることが出来なかった。」と大変喜んでいただけた。(障害基礎年金2級)

投稿者プロフィール

松田康
松田康社会保険労務士 (障害年金専門家)
かなみ社会保険労務士事務所
社会保険労務士 27090237号
年金アドバイザー
NPO法人 障害年金支援ネットワーク理事

このページTOPへ