診断書の確認をしていなければ不支給になっていた? | かなみ事務所 障害年金請求サポートの事例(川西,池田,伊丹,宝塚,豊中)

| 大阪府豊中市C様

診断書や請求書類を全てご家族が用意されており、請求前に見て欲しいとお問い合わせがあった。書類を確認してみると、診断書の内容は障害年金を受給できるとは思えないようなものであった。
日常生活の能力や病状を聞くと、障害年金の2級以上の対象であることが分かり、再度、適切な診断書を準備することになった。
病院へご依頼者様と同行し、日常生活の状況を医師に一つ一つ説明。
病状を反映した診断書を取得し、申立書の内容なども補足や修正をして請求。
障害基礎年金2級の受給につながった。
「あつかましいと思ったけど、請求前に聞いておいて本当に良かった」と仰られた案件。(障害基礎年金2級)

投稿者プロフィール

松田康
松田康社会保険労務士 (障害年金専門家)
かなみ社会保険労務士事務所
社会保険労務士 27090237号
年金アドバイザー
NPO法人 障害年金支援ネットワーク理事

このページTOPへ