対人関係・コミュニケーションの障害で障害年金は無理?(広範性発達障害) | かなみ事務所 障害年金請求サポートの事例(川西,池田,伊丹,宝塚,豊中)

| 兵庫県猪名川町A様

「発達障害では障害年金は無理」「対人関係・コミュニケーションの障害で障害年金は無理」など、医師から言われていた。

初回面談時に日常の生活状況をヒアリングした印象としては、障害年金を受給できる可能性があると思っていた。
問題は、日常生活の困難さを、診断書や病歴・就労状況等申立書で伝えれるかどうかだった。

医師には、診察だけでは伝わっていなかった請求人の日常生活の状況を詳細に記載したものを手渡して診断書を依頼した。

病歴・就労状況等申立書には、日常生活や対人関係の困難さで実際にあった事例を記載した。
実際に障害年金の請求(申請)に携わっている社会保険労務士と、医師との間で障害年金に対する考え方がまったく違っていた案件だった。(障害基礎年金2級)

投稿者プロフィール

松田康
松田康社会保険労務士 (障害年金専門家)
かなみ社会保険労務士事務所
社会保険労務士 27090237号
年金アドバイザー
NPO法人 障害年金支援ネットワーク理事

お客様の声


↑クリックで拡大

当事務所にご依頼いただくまでにどのような ことで悩んでおられましたか?

  • 請求方法
  • 障害年金を受け取れるのかどうか

なぜ当事務所にご相談をいただけたのでしょうか?

  • 地元の社労士だから
  • 無料相談をしてくれるから
  • 元郵便局員ということで親しみをもてそうだから
  • 障害年金ブログを見て

実際にご依頼されていかがでしたか?

障害年金の請求を自分でしていたら受給出来ていなかったと思う位、書類の大切さを知りました。障害年金のプだからこそ知っている細かい内容に安心しておまかせ出来たと思います。本当にありがとうございました。

無事請求もおわり支給が決定した後も今後の事を詳しく教えて頂き、これからも相談させていただきたいと思います。宜しくお願い致します。

このページTOPへ