身体障害者手帳の診断書を参考に障害年金を請求(脳梗塞による肢体障害) | かなみ事務所 障害年金請求サポートの事例(川西,池田,伊丹,宝塚,豊中)

| 大阪府豊中市A様

脳梗塞を発症してから約1年近く経ってからお問い合わせをいただいた。

脳梗塞から半年後に身体障害者手帳を取得されていたため、その時の診断書を元に障害年金用の診断書を作成依頼した。
審査では症状固定が認められ、脳梗塞発症から6か月時点を認定日とされた。(障害基礎年金2級)

投稿者プロフィール

松田康
松田康社会保険労務士 (障害年金専門家)
かなみ社会保険労務士事務所
社会保険労務士 27090237号
年金アドバイザー
NPO法人 障害年金支援ネットワーク理事

このページTOPへ