医師の無理解によって障害年金が支給停止(統合失調症) | かなみ事務所 障害年金請求サポートの事例(川西,池田,伊丹,宝塚,豊中)

| 大阪府大阪市A様

1級の障害基礎年金を受給していたが、更新時に障害状態確認届を提出したところ支給停止となった。

症状が良くなっているのなら支給停止は当然だが、病気による日常生活の状況を変わらずに悪かった。
前回の更新で記載した医師とは今回は異なっており、まったく意味不明な診断書だった。

医師に確認したところ、「年金を受給していることが役所内に分かるのが嫌」だと本人から言われたからだと説明があった。※これも病気によるものだが…
新たに別の医師に診断書を依頼して支給停止を解除する届出を提出した。病気を理解されていない医師がいるのに驚いた案件だった。

投稿者プロフィール

松田康
松田康社会保険労務士 (障害年金専門家)
かなみ社会保険労務士事務所
社会保険労務士 27090237号
年金アドバイザー
NPO法人 障害年金支援ネットワーク理事

このページTOPへ