初診日は20歳前か20歳後か

| 兵庫県川西市R様

発病の時期は20歳になった年だった。

初診の医療機関は廃業しており、転院後の医療機関はカルテが廃棄されていた。

初診の時期として分かっていたのが、請求時に通院していた医療機関の初診時に20歳になった年に発病したことと医療機関名を伝えていたことだけだった。

障害年金では初診日が20歳前にあるか20歳後にあるかで制度が異なっているため、どちらに初診日があるのか特定する必要があった。

請求人は20歳以降の国民年金保険料は納付されていたことから、20歳以降に初診日があっても保険料納付要件には問題がないこと、学校へ入学する前(20歳前)に精神面の不調をかかりつけ医に訴えていたことなどを申立て、20歳前傷病として請求を行った。

障害の程度については問題がなかったため、初診日の特定に注力した案件だった。(障害基礎年金2級)

このページTOPへ