慢性腎不全(腹膜人工透析)で障害厚生年金2級が決定(川西市B様) | かなみ事務所 障害年金請求サポートの事例(川西,池田,伊丹,宝塚,豊中)

| 兵庫県川西市B様

ご自分で障害年金を請求(申請)しようとするものの準備ができず時間だけが過ぎていた。

その間に障害認定基準の改正があり、準備されていた初診日証明では不十分になってしまった。
新たに初診日として該当する医療機関で初診証明を取り直し、準備されていた請求書類を見直し、病歴・就労状況等証明書を作成していった。

最初のご相談から約1か月で請求まで行うことができた。

日本年金機構の審査も2ヵ月もかからず決定し、第1回目の年金も送金され、大変喜んでいただけた。

初診日証明が必要となった病院が町の小さな診療所だったため、書類作成に不慣れで、医師への説明に苦労した案件。(障害厚生年金2級+1年遡及)

投稿者プロフィール

松田康
松田康社会保険労務士 (障害年金専門家)
かなみ社会保険労務士事務所
社会保険労務士 27090237号
年金アドバイザー
NPO法人 障害年金支援ネットワーク理事

このページTOPへ