医師の第三者証明により初診日認定(双極性感情障害・アスペルガー症候群) | かなみ事務所 障害年金請求サポートの事例(川西,池田,伊丹,宝塚,豊中)

| 大阪府宝塚市A様

本人請求で「初診日不明却下」となった方だった。

初診の医療機関のカルテは廃棄されていたため、第三者証明を添付して請求されていたが、初診日としては認められなかった。
初診日とされるのが僅か2年間の厚生年金期間中だったため、障害厚生年金の請求として初診日を認めてもらうためには難易度が非常に高かった。

再請求では、第三者証明として、初診医療機関の主治医の第三者証明や在籍していた会社の在籍期間証明などを添付した。

これらの書類によって初診日が厚生年金加入中であると認められた。

本人請求または障害年金の請求に不慣れな社労士では困難だと思った案件(障害厚生年金2級)

投稿者プロフィール

松田康
松田康社会保険労務士 (障害年金専門家)
かなみ社会保険労務士事務所
社会保険労務士 27090237号
年金アドバイザー
NPO法人 障害年金支援ネットワーク理事

お客様の声


↑クリックで拡大

当事務所にご依頼いただくまでにどのような ことで悩んでおられましたか?

  • 初診日証明の取得

なぜ当事務所にご相談をいただけたのでしょうか?

  • 自宅近くの社労士だから
  • 出張相談をしてくれるから
  • 元郵便局員ということで親しみをもてそうだから
  • やさしそう まじめ

実際にご依頼されていかがでしたか?

初対面からやわらかい感じで話しやすくて、初診日の確定になれるよう質問して思い出させてくれたり、証拠集め等、Drにも説明して書きな直してもらえました。私の場合、とても難しい再請求なのに1回で認められました。

このページTOPへ