健康診断の結果票から初診日認定(糖尿病性腎症 人工透析)(三田市A様) | かなみ事務所 障害年金請求サポートの事例(川西,池田,伊丹,宝塚,豊中)

| 兵庫県三田市A様

会社の健康診断により糖尿病を発症していることがわかった。 その後、徐々に病状が悪化、合併症を発症し、人工透析を受けることになった。

人工透析を受けるようになってから半年近く経っていたために、すぐに請求準備に着手することになった。

会社から健康診断の結果票の取寄せ、これまでに通院していた病院の整理などを迅速に行った結果、約1ヵ月後には請求することができた。

自分で請求準備をしていたら、こんなに早く障害年金を受給できていなかったと仰っていただき、大変嬉しく思った案件だった(障害厚生年金2級)

投稿者プロフィール

松田康
松田康社会保険労務士 (障害年金専門家)
かなみ社会保険労務士事務所
社会保険労務士 27090237号
年金アドバイザー
NPO法人 障害年金支援ネットワーク理事

このページTOPへ