うつ病 カテゴリーの記事一覧

当事務所が担当させていただいた案件の事例の一部をご紹介します。
記事数:28件

うつ病で障害基礎年金2級が決定(豊中市C様)

2016年01月20日 | 大阪府豊中市C様
精神の障害, うつ病

診断書や請求書類を全てご家族が用意されており、請求前に見て欲しいとお問い合わせがあった。書類を確認してみると、診断書の内容は障害年金を受給できるとは思えないようなものであった。
日常生活の能力や病状を聞くと、障害年金の2級以上の対象であることが分かり、再度、適切な診断書を準備することになった。病院へご依頼者様と同行し、日常生活の状況を医師に一つ一つ説明。病状を反映した診断書を取得し、申立書の内容なども補足や修正をして請求。障害基礎年金2級の受給につながった。
「あつかましいと思ったけど、請求前に聞いておいて本当に良かった」と仰られた案件。(障害基礎年金2級)

このページTOPへ

うつ病で障害共済年金1級が決定(豊中市B様)

2015年12月31日 | 大阪府豊中市B様
精神の障害, うつ病

恒常的な長時間労働により慢性的な疲労感があった。仕事での重責などもあり、食欲不振、不眠等の症状を発症し、発病から数十年経過した後に障害年金の制度を知った。
障害認定日と現在の病状を反映している診断書を取得できたものの、障害認定日以降に離婚をされており、その当時の生計維持関係や所得証明などを提出するように行政側からの要求があった。転居も何度もされており、取得が困難であったものの、補足資料などを提出することによって認められることができた。(障害共済年金1級+5年遡及)

このページTOPへ

うつ病で障害厚生年金3級が決定(池田市A様)

2014年09月12日 | 大阪府池田市A様
精神の障害, うつ病

医師に正確な病状が伝わっておらず、診断書がヒアリングから得たものとかけ離れた内容となっていた。診断書の修正に応じてもらえなかったため、病歴・就労状況等申立書で現在の日常生活状況を詳細に伝え、診断書の内容との相違についても触れて提出した。審査の結果は障害厚生年金3級の認定が認められ、大変喜んでいただけた(障害厚生年金3級)

このページTOPへ

うつ病で障害厚生年金2級が決定(豊中市A様)

2013年10月19日 | 大阪府豊中市A様
精神の障害, うつ病

「初診の病名とうつ病の関連がまったくない」「数十か所の病院を転々とし、その度に異なる診断名を受けていた」「間違った情報が医師に伝わっていた」など、初診日証明、病歴・就労状況等申立書の作成が困難なケースだった。一つ一つ障害を取り除いていき、丁寧な書類作りを行ったことで、受給が認められた。(障害厚生年金2級)

お客様の声

当事務所にご依頼いただくまでにどのような ことで悩んでおられましたか?

確実に障害年金を受給する為に本人の申立書の内容が難しく、書類を揃えることも困難であり書き方も医師にどのように診断書を依頼したらよいか分からなかった。

なぜ当事務所にご相談をいただけたのでしょうか?

専門家であり事務所を構えていたこと。長年の郵便局で働いてたことが親近感をもちとても優しく話しやすかったから

実際にご依頼されていかがでしたか?

何でも気軽に聞けて質問に対して答えと理由をわかりやすく説明してくれた。不安になった時、すぐに電話で相談ができる安心感もありました。必要な書類すべて入手して頂き自ら足を運ぶ必要がなかったことがとても助かりました。

このページTOPへ