事例紹介 (新着順)

当事務所が担当させていただいた案件の事例の一部をご紹介します。

末期腎不全(人工透析)で障害厚生年金2級が決定(川西市C様)

2016年10月27日 | 兵庫県川西市C様
内蔵疾患 糖尿病、人工透析

健康診断で高血圧の指摘(要注意)を受けていた。約15年前の健康診断で初めて治療を要すると指摘され、家族の勧めもあって病院を受診した。詳しく検査をしてみると、iga腎症になっていると言われた。以降、定期的に通院し、血圧調整 … 続きを読む

胃癌・直腸癌(人工肛門)で障害厚生年金2級が決定(宝塚市A様)

2016年09月27日 | 兵庫県宝塚市A様
内蔵疾患 がん 人工肛門・人工膀胱

食欲不振など、体調に異変を感じたため病院を受診した。胃カメラ等の検査を行ったものの異常は発見されず通院を中断した。体調は一向に戻らず数年後に再度別の病院を受診したところ胃に癌が見つかり、その時には直腸にも転移しており、人 … 続きを読む

関節リウマチで障害厚生年金3級が決定(豊能町A様)

2016年08月25日 | 大阪府豊能町A様
肢体の障害 関節リウマチ

30年前に関節の痛みが生じた。病気の性質上、受診の中断期間がなく、どの医療機関に問い合わせても、30年前の受診歴がカルテに記載されていた。このため、社会的治癒を主張するのには難しいと判断し、初診日を探すことから始めた。問 … 続きを読む

糖尿病性足部壊疽で障害厚生年金2級が決定(川西市A様)

2016年09月27日 | 兵庫県川西市A様
内蔵疾患 糖尿病、人工透析 肢体の障害

糖尿病があり、下腿部の蜂窩織炎を繰り返していた。傷をおったところが壊死、難治性潰瘍となり感染をおこし、炎症も強く下腿部からの切断となった。 糖尿病が悪化したことによる下腿部の切断のため、初診日は糖尿病により初めて医療機関 … 続きを読む

広汎性発達障害で障害基礎年金2級が決定(猪名川町A様)

2016年08月19日 | 兵庫県猪名川町A様
精神の障害 発達障害

「発達障害では障害年金は無理」「対人関係・コミュニケーションの障害で障害年金は無理」など、医師から言われてきたことである。しかし、初回面談時に日常の生活状況をヒアリングした印象としては、障害年金の対象であると思っていた。 … 続きを読む

多発性硬化症(両視神経萎縮)で障害厚生年金3級が決定(伊丹市A様)

2016年08月18日 | 兵庫県伊丹市A様
眼・耳・鼻・口の障害 眼 (目)・鼻の障害 難病

多発性硬化症により視神経が障害され、左眼視力の低下(0.1以下)と視野に障害が生じた。一眼の視力が0.1以下に減じた場合、初診日から5年以内に症状が固定されていれば障害手当金となり、症状が固定されていないなら障害厚生年金 … 続きを読む

脳梗塞の後遺症(肢体)で障害厚生年金1級が決定(川西市B様)

2016年08月18日 | 兵庫県川西市B様
肢体の障害 脳梗塞・脳出血

脳梗塞による右上肢と右下肢に麻痺が残った方の障害年金をサポートした。 脳梗塞による機能障害の場合、症状が固定されている場合には1年6ヵ月待つまでもなく、症状固定時から障害年金を受給できることになる。 しかし、症状固定とさ … 続きを読む

クローン病(人工肛門)で障害基礎年金2級が決定(川西市A様)

2016年06月18日 | 兵庫県川西市A様
内蔵疾患 人工肛門・人工膀胱 難病

初診日の考え方に間違いのある典型的な案件だった。20年以上前にご自分で請求を試みたものの、保険料納付要件を満たさず請求できなかった。病歴をヒアリングをしてみると、生後7ヵ月に大腸の異変で救急搬送され、その時から通院が始ま … 続きを読む

慢性腎不全(腹膜人工透析)の方で障害厚生年金2級が決定(川西市B様)

2016年05月21日 | 兵庫県川西市B様
内蔵疾患 糖尿病、人工透析

ご自分で請求しようとするものの準備ができず時間だけが過ぎていた。その間に障害認定基準の改正があり、準備されていた初診証明では不十分になってしまった。 新たに初診日として該当する医療機関で初診証明を取り直し、準備されていた … 続きを読む

心サルコイドーシス(心臓ペースメーカー)で障害厚生年金3級が決定(伊丹市A様)

2016年05月06日 | 兵庫県伊丹市A様
内蔵疾患 心臓疾患 難病

障害共済年金は在職中は支給停止されるため、障害年金を請求することはなかった。被用者年金の一元化により、在職中でも障害年金を受給できるようになったが、同時に、初診日証明が必要となったために、請求が困難となっていた。 依頼者 … 続きを読む

関節リウマチで障害厚生年金3級が決定(枚方市A様)

2016年05月06日 | 大阪府枚方市A様
肢体の障害 関節リウマチ

肩や手首(手指)の関節痛が出現し病院を受診。生物製剤を使用し症状が改善していたものの、費用がかさみ、使用を中断せざるをえなくなった。その後、症状が悪化、両手の握力の低下、手関節の関節可動域も半減したために障害年金を請求す … 続きを読む

うつ病は寝たきりでないと障害年金を受給できない?

2016年04月13日 | 兵庫県川西市A様
精神の障害 うつ病

「寝たきりでないと障害年金を受給できない」と医師から説明されていた。 医師が障害年金のことを誤解している典型的な事例であり、当初は診断書を書いてもらえなかった。 初診日が厚生年金加入中であったため、休職が続き、働けないと … 続きを読む

処方量が変化したのは症状が軽減したためか

2016年04月09日 | 兵庫県川西市A様
審査請求・再審査請求

傷病の状態が悪化し、受給中であった障害年金の等級を変更する請求をおこなったが、等級の変更はなかった。理由は、前回提出した診断書から薬の処方量が減っていたためであることが分かり、審査請求をすることになった。 審査請求では、 … 続きを読む

両変形性股関節症(人工関節)で障害厚生年金3級が決定(宝塚市A様)

2016年04月04日 | 兵庫県宝塚市A様
肢体の障害 変形性股(膝)関節症

長距離の歩行をした翌日に足に痛みを感じることがあったものの、病院を受診することはなく過ごしていた。次第に日常生活の歩行に支障をきたすようになり、重い荷物を持った時に歩けないほどの痛みが生じたため病院を受診したところ、すぐ … 続きを読む

反復性うつ病障害で障害基礎年金2級が決定(池田市B様)

2016年01月27日 | 大阪府池田市B様
精神の障害 うつ病

高校生の頃から気分の落ち込むことが度々あったものの病院へ行くことはなかった。 家庭や育児のストレスによって症状がさらに悪化、友人の勧めによって心療内科を受診した。 受診状況等証明書(初診日証明)には、高校生の頃の病状が記 … 続きを読む

統合失調症で障害基礎年金2級が決定(神戸市A様)

2016年01月26日 | 兵庫県神戸市A様
精神の障害 統合失調症

十年前にご自分で障害年金を請求したが障害の程度に該当せずに不支給となり、自分の病状では障害年金の対象ではないと一旦は諦めていた。通院先で障害年金のチラシをご覧になり、もう一度、専門家に話を聞いてみようと思われた。 実際に … 続きを読む

診断書の確認をしていなければ不支給になっていた

2016年01月20日 | 大阪府豊中市C様
精神の障害 うつ病

診断書や請求書類を全てご家族が用意されており、請求前に見て欲しいとお問い合わせがあった。 書類を確認してみると、診断書の内容は障害年金を受給できるとは思えないようなものであった。 日常生活の能力や病状を聞くと、障害年金の … 続きを読む

5年遡及で障害共済年金1級が決定(うつ病 豊中市B様)

2015年12月31日 | 大阪府豊中市B様
精神の障害 うつ病

恒常的な長時間労働により慢性的な疲労感があった。 仕事での重責などもあり、食欲不振、不眠等の症状を発症し、発病から数十年経過した後に障害年金の制度を知った。 障害認定日と現在の病状を反映している診断書を取得できたものの、 … 続きを読む

がん治療(抗がん剤)で障害厚生年金2級が決定(川西市A様)

2015年11月21日 | 兵庫県川西市A様
内蔵疾患 がん

がんの治療のために抗がん剤を使用していた。抗がん剤の副作用(倦怠感、悪心、嘔吐)により全身の衰弱が激しく日常生活に大きく支障が出たために障害年金の請求を行った。 抗がん剤治療の副作用で障害年金を請求する場合、その他の障害 … 続きを読む

統合失調症で障害基礎年金2級が決定(宝塚市A様)

2015年09月19日 | 兵庫県宝塚市A様
精神の障害 統合失調症

ご自分で請求したものの、障害の等級に該当せずに不支給通知を受けていた。それ以降、障害年金のことは諦めていたが、通院先で、ご自分よりも症状が軽いにも関わらず障害年金を受給していることを知り、もう一度請求を考えるようになった … 続きを読む